Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

11/1(木)渋谷「公園通りクラシックスにて」ジェノーム第11夜 出演します! ゲストは、イランのタハリール唱法を駆使して歌うAmin

0

    Genome(ジェノーム)第11夜

     

    〜 私たちの身体は、心は、細胞は、魂は、どこからやってきて、どこへ還っていくのか〜

    オリジナル音楽、映像、詩とダンスのLIVE!!!

    半年ぶりです!11/1(木)渋谷・公園通りクラシックスにてライブ「ジェノーム第11夜」を開催いたします。
     
    史上初・豪華  8人編成!!!
    今回のテーマは「ルーミーの詩&タハリール・ロック」、ナシャールも5回踊ります。

    ゲストにイランのタハリール唄法を駆使する伝統音楽歌手Amin、アゼルバイジャンやイランで使用される、伝統弓弦楽器・カマンチャを弾く丸尾野智子を迎えます。この2人は、Ayuoの別ユニット「Epigenetics(エピジェネティックス)」でのライブでも話題を呼び、ジェノームとの再演で、タハリール・ロックを再現!!

    バックグラウンドの映像と共に、さらに音色バリエーションに富んだ、
    ワンアンドオンリーなミクスチャーLive、ぜひお越しください

    昨年、演奏した中世時代の「愛の思想家」ルーミの言葉に基づくものも朗読します。


    ■日時
    11/1(木)
    開場 19:00
    開演 19:30

    ■出演
    Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
    立岩潤三: ドラム・パーカッション
    岡野 勇仁:ピアノ、キーボード
    守屋拓之: ベース
    Nashaal: ダンス
    + みず橋ことみ : ポエトリー・リーディング


    ■料金(予約制)
    予約:¥ 3,300(ドリンク別)
    当日:¥ 3,800(ドリンク別)

    ■場所
    公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン) 
    http://koendoriclassics.com/

    〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
    東京山手教会B1F  
    ※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
    渋谷駅より徒歩5分

    ■ご予約方法
    ご予約は予約フォームからお願いいたします
    https://ws.formzu.net/fgen/S82991361/

    GENOMEとは…
    ジェノームのジャンルは、オリジナルスタイルのシアターロック。ショーでは、ロックミュージックをもって、エンターテイメントではなく、見る人を内面的な世界、古代のシャーマンのパフォーマンスや、中世ヨーロッパの神秘劇、日本の能、中東のスフィーの踊りと音楽、フラの神へ捧ぐ踊りなどの系譜を目指します。

    出演者プロフィール・その他詳細は、ジェノーム公式Facebookページへ

     

    ★出演情報★ | permalink | - | -

    Dark Cabaret Night ダークキャバレー

    0

      毎年恒例、デバダシスタジオのダークキャバレーナイト!

       

      10/27(土)19:00~ 【女性限定イベント】
      闇を抱きしめ踊る〜 ダークキャバレー・ナイト

       
      わたしが講師として所属しておりますデバダシスタジオで、

      毎年大人気🖤✨のダークキャバレー・ナイトが開催されます。
        

       
      〜闇があるから、光があふれる〜
        

       
      ハロウィンの起源は、ケルトの伝説・神話にさかのぼります。

      この時期が1年でもっとも、こちらの光の世界と、あちらの闇の世界の境界線が薄くなる時期。
       
      デバダシスタジオでは、この時期、わたしたちの闇の部分を讃え、抱きしめ、踊ります。
       
      女性が集い、内側に深く降りていく… 
      シャドウサイド、闇、ダークを、舞う…

       
      そこからパワーを感じたり、深い癒やしが生まれたり、
      気づきや、インスピレーションをもらう
      そんな時間でもあります。
       
      生命の賛歌であり、大地礼賛、豊穣を祈る
      ベリーダンスですが
       
      わたしたちの人生、日々は、
      光と影があり
       
      影や闇があるからこそ
      ものごとがくっきりと
      輪郭が美しく見え

       

      気づきや学びによって
      よりいっそう
      人生が深く豊かになっていく✨

       
      毎年人気のダークキャバレーナイト🔮✨🖤
      観覧は、予約不要です。
      受付で2000円をお支払いください。
      【女性限定イベント】ですので、男性のみなさんごめんなさい。またの機会に💃🖤
       
      ナシャールクラスからも、美しい4人のダンサーが出演します✨

       

      イベント概要
      ===========

      10月27日(土)
      Dark Cabaret Night 
      ダークキャバレーナイト
      @神宮前 Devadasi studio
        
      19:00 Open 
      19:30 Start
      2000円

      出演: Devadasi Studio dancers

      *予約は必要ありません。
      No need to reserve.

       

      当イベントはデバダシスタジオのダンサーによる踊りや女性同士の輪を楽しむ、リラックスしたカジュアルなイベントです。
      女性限定となりますが、スタジオメンバーに限らず全ての女性に開かれたイベントです。

      お一人、もしくはお友達やご家族と一緒にお越しください。

       

      Venue 会場:神宮前 デバダシ スタジオ
      渋谷区神宮前2丁目16-16 クロス3ビル 3階
      *迷われる方が多いので事前にgoogleマップなどで調べてお越しください。

       

      Photo by HORI

       

      【ダークキャバレーについて】

      秋も深まり、夜はどんどん暗く、寒くなってきました。
      木から葉が落ち、生と死のライフサイクルが思い出されますが、特に “死”について考えさせられます。
      秋分と冬至の中間地点にいますが、古代のミスティックな伝統では、私達の世界と魔界の間にあるヴェールが最も薄い時期だと言われています。

      私達はデバダシスタジオでも最も人気のある「ダーク・キャバレー」をもって、この時期を祝います。

      「ダーク・キャバレー」は私達の隠れている側面を見せるよい機会です。
      ベリーダンスは第一に、生命を祝福する踊りで、とても喜びに溢れています。
      でももちろん、明るい女神がいるように、ダークな女神の存在も忘れてはいけません。

      では何がダークなのか?
      時に私は女神カーリーを思い浮かべます。とても強く、力強い存在です。

      過去に私は黒いヴェールに隠れて生活しなければいけない女性の気持ちを踊り、少し政治的主張をしたこともあります。
      ただ、他の宗教を攻撃したいわけではなく、その背景としては、無知や女性に対する差別に対して気持ちをもって踊りました。世界の中で、未だに女性差別がある地域が多くあります。

      女性は教育を受けられず、奴隷のように働き、人間の権利を与えられていないところがあります。
      そんな地獄のようなところからげることのできない女性の痛みを躍りで表現しました。
      ブルガ(黒い体、顔を覆うヴェール)を投げ捨て、裸で(セミヌードっぽく)出ていき、そんな女性たちに自由が与えられることに願いを込めて踊りました。

      わからない人たちには、女性のこのような主張や知恵は「魔女」っぽいと思われたり、怖がられたりします。「ダーク・キャバレー」ではワイルドに、コントロールされていないセンシュアルな踊りを歓迎します。

      死のダンス、ダークな感情、セクシュアリティ、他のアイディアもウエルカムです。過去にセミヌードのダンス、ボディペイントのダンス、骸骨のキャンドルなど様々な素晴らしいセンスの踊りをみてきました。
      「ベリーダンス」の枠にとらわれない、各ダンサーが「〜そうあるべき」姿をチャレンジする夜になって欲しいと思っています。

      by Mishaal

      ★デバダシスタジオについて★ | permalink | - | -

      わたしが「わたし」に出逢うために…

      0
        ( photo by Doddy Obenk 2017年10月 バリ島 Mishaalのリトリートにて)
        葉山の海のチャリティーダンスショーが終わり
        8月の終わりにして、やっと今年の上半期が終わった気持ちです。
         
        ゆっくりとほっとしながら、週末のお休みを過ごしています。
         
        葉山のショーについては、また別の記事でお話させていただきますが
        出演されたダンサー、お客様、みなさんに、
         
        「すばらしいショーに参加させていただいてありがとうございます」
        「まるで異空間でした」
        「とても心に響きました」
         
        と言っていただいて、嬉しさと共に驚きとありがたさで
        もぅ 胸がいっぱい… です。
         
        総勢100名の方に関わっていただいて、そう言っていただけるのですから
        ああ、やっぱりベリーダンスと、海と、空と、大地って
        すばらしいものなんだなぁと感じずにはいられません。
         
        そして、ダンスを踊り続けて、いつしかインストラクトレス(講師)と
        してデバダシのスタイルで教えることになったこと、
        その運命のいたずらに、ふとわれに還るとびっくりしていたりします。
         
        わたしたちは、なぜ踊るのでしょう?
         
        どうして「踊りたい」って思うのでしょう。
         
        もちろんそこにはいろいろな動機があると思いますが、
        わたしなりに踊ってきて思うのは
         
        「自分らしくありたい」
        「自分の心を表現したい」
         
        という気持ちがふつふつと湧き上って
        踊りたくなると思うのです。
         
        ダンスは、わたしたちの心や魂の
        根幹の部分に触れるパワーを持っていて。
         
        そうやって踊ることによって、「わたし」らしい
        自分の本質的な部分に出逢えるのだと
        思うのです。
         
        ダンスを教えるうえでの、
        わたしにとっての何よりのモチベーションは
        わたしのクラスにいらっしゃる女性たちが
         
        ご自分の中のなにかに気づき
         
        「これが『わたし』だったんだ」と
         
        ご自分自身らしさと
        その美しさに目覚め
        美しく花開いていく瞬間です。
          
        そしてわたし自身も
        わたし「わたし」に出逢うために
        踊り続けています。
        (photo by HORI blissful blue 葉山のチャリティーダンスショー 2014年)
         
        ベリーダンスは、世界最古のダンスのひとつとも言われ
        女性がナチュラルに、そしてリラックスして動いていく
        自然な所作から生まれています。
         
        デバダシスタジオでは、そのナチュラルさを
        大切にしていくので、このスタジオに出逢えて
        本当に嬉しい、と、葉山のショーを終えて
        感じました。
         
        デバダシスタジオに興味のある方はぜひ
        スタジオのサイトをのぞいてみてくださいね
         
        ナシャールは、東京の神宮前本校では火曜日・土曜日、
        葉山では水曜日に教えています
        ナシャールオフィシャル WEBサイトもぜひどうぞ
         
        今年は葉山のショーでは、全員がデバダシダンサーでした。
        ショーを終えて「ああ、わたしはこのために踊っているんだ」という
        実感がゆっくりとこみ上げてきた今週。
         
        共に踊ってくれた、
        Nashwa(シンガポール在住/元講師)
        Yasmine(茅ヶ崎校主催/デバダシスタジオ講師)
        デバダシスタジオに学ぶ
        Mehtap, Tahira、
        茅ヶ崎校、葉山校、神宮前本校のダンサーのみなさんに
        心から感謝です。
         
        ナシャール 拝
         

        JUGEMテーマ:ベリーダンス

        ベリーダンスとは | permalink | - | -

        8/17(金)葉山の海のチャリティーベリーダンスショー / blissful blue 11年目、絶賛ご予約受付け中です♪

        0
          先行して、Facebookでお知らせさせていただいております、blissful blue。
          今年は 8/17(金) 開催です!!

           

          続々とご予約いただきましてありがとうございます!!! ^^ 

           

          こちら、毎年恒例の、葉山の海のベリーダンスショー

          blissfulblueは11年目を迎えます。


          8月に入りまして、ショーの準備もいよいよ進んでまいりました 

           

          今年のゲストダンサーは、なんと、シンガポールから

          Nashwaに出演してもらいます!!!

           

          ソリストはYasmine、ナシャール
          そしてあと2人ほどソロを踊るダンサーがいます (お楽しみに!!)
           
          DJは葉山在住・活躍中の Tommyさん
          メヘンディ・アーティストのAnzuちゃんによる、ワンコイン・ヘナタトゥーもあります^^


           
          まだお席ございますので、ピンと来た方はいらしてくださいませ

           

          ==========
          葉山の海のベリーダンス・チャリティ LIVE

          Blissful blue vol.11

          ==========

           
          葉山の御用邸が臨む、サンセットの美しいビーチ、一色海岸。 
          "blissful blue"は、打ち寄せる波の音を聴きつつ、
          夕暮れから 夜にかけての海と空をバックに、
          美味しいお料理とお酒と一緒に 
          ベリーダンスとを楽しんで頂くイベントです。 
           
          このイベントも、早いもので今年で11年目となりました。
          生命の源である海をそばに
          生命に感謝したい、という気持ちで
          収益金はチャリティーとして寄付をしています。
           
          今年は、シンガポール在住のNashwaを迎え
          そしてデバダシスタジオ 茅ヶ崎校主宰のYasmineと

           
          デバダシ茅ヶ崎ダンサーズ、
          デバダシ神宮前本校ダンサーズ、
          デバダシ葉山ダンサーズで踊り

           
          美しい夜をお送りして参ります。 

           

          葉山の海のベリーダンス・チャリティ LIVE
          Blissful blue vol.11

          日時:2018年8月17日(金) 
          開場:17:30 開演:18:00 終了予定:20:15 (2ステージ入れ替えなし)
          場所:葉山・一色海岸「 UMIGOYA・海小屋 Beach House」
          http://www.umigoya.net/

          出演ダンサー:
           
          Nashwa
          Yasmine

          Nashaal 

           
          Devadasi Jingumae Dancers
          Devadasi Chigasaki Dancers
          Devadasi Hayama Dancers

           

          Mehtap, Tahira
           
          ゲスト・パーカッション:平井ペタシ陽一
          DJ:Tommy Returntables (Sankofa) 


          Official Photographer : HORI, T
          MC: Nasim
            
          座席:予約制 
          料金:4,000円(ディナー、ワンドリンク、ショーチャージ、ドネーション込み) 
          小学生は2,000円 
          未就学児童・幼児は1,000円いただきます(お席ぶんのスペースの確保のため)
           
          ※「Umigoya 」は夏の海をテーマにエスニックな料理でおもてなしを する夏限定のビーチ・レストラン。地元の人たちも夏限定のレストランとして食事をしに来ます。当日はブッフェスタイルの、ディナーをご用意してお待ちしています。 
           
          <ご予約について> 
          予約制&事前のお振込制ですので、
          https://ws.formzu.net/dist/S77918988/ にてお申し込ください。メールでお問い合わせの際には、hayama.blissfulblue@gmail.com にお願いいたします。
           
          <チャリティーについて>収益金から経費を差し引いたのち、インドの農村の女性たちの教育・自立支援、子供たちのための学校づくりに取り組む、日本のNPO(特定非営利活動法人) アーシャ = アジアの農民と歩む会に
          寄付させていただきます。
           
          世界中の女性たちの中には、教育を受けられず、経済的・精神的に自立を許されない方々が、まだまだ、たくさんいます。
           
          ベリーダンスを通じ、地球をつなぐシスターフッド(女性の輪・姉妹愛)で、女性の地位向上や心豊かな生活へのパワーになりますように。
          賛同いただける、すべての女性そして男性、トランスジェンダー、みなさんに感謝をいたします。
           
          アーシャ = アジアの農民と歩む会
          オフィシャルWEBサイト
          http://ashaasia.org/

           
          * * * 
          ベリーダンスとは「女性として生まれてきた喜びを表現する」ダンスです。 今から約1万年前の新石器時代・縄文の頃から、古来エジプトやオリエントの時代を経て、生命が産まれてくる腰を 揺らしながら「大地豊穣への感謝」「生命の賛美」の祈り祈りとして、踊り継がれてきました。 
          わたし達の師匠Mishaalの哲学は「身体はあなたの神殿です。身体を流れれる エネルギーを愛し、内なる美しさを表現するのがベリーダンスです」と 説いています。どんな女性でも持っている、女性らしい優しさ、美しさ、 情熱、愛情、などが、みなさんに伝われば幸いです。 
          * * * 
          Special Thanks to our teacher, Mishaal.
          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
          公衆の場において、女性がベリーダンスを踊れるということはとてもありがたいこと。そんな平和で安全で豊かな日本を作ってきてくれた、両親の世代と、数々の先達に感謝しつつ。

          一色海岸は、わたしの育った家から一番近くて、ずっと通ったビーチ。
          毎年ここでダンスと生命の賛美ができることを、嬉しく思っています。

          お時間ありましたら、夏の葉山にぜひお越しください。

          Flyper Cover Photo by Toshinobu Hori
          Flyer design by Sankofa 

          JUGEMテーマ:ベリーダンス

          ★今月の出演情報★ | permalink | - | -

          レストランショー御礼:7月27日ドリエントありがとうございました! 次回は9月にレストランショーで踊ります

          0

            昨日 7/27(金)新宿ドリエントでのレストランショーには、

            たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

            SNSで応援いただいたみなさまも、ありがとうございました〜〜
            IMG_0816.jpg


             
            この日は、1970年代のアコースティック音源を中心に、

            クラシカルな中東音楽のセットを、踊りました!
             
            ひさびさのレストランショー、とっても楽しかった〜〜〜
             
            美味しいごはん、お酒、笑い声と、グラスが合わさる音。
            ダンスが、生活や、日常の中にあること。
            ダンスがあると、それらがいっそう楽しくなること。
             
            レストランショーは、それを感じさせてもらう時間
             
            最後に、レストランがダンスフロアになって、

            みんなで一緒に踊る時間が、なんともいえない至福の時〜〜😍
             
            味覚、嗅覚、聴覚、視覚と、五感が刺激されるすてきな時間は、

            わたしたちの細胞を心地よくシゲキする^^
             
            東京に、一時期よりトルコ料理のお店が少なくなってしまったけれど、

            レストランショーの文化は、ずっと続いて欲しいなぁ。
             
            ということで、9月もレストランショー踊ります♪
            昔みたいに、できるかぎり毎月踊りたい〜^^
            がんばりますっ💕

             

            久々恒例の、テーブルメンバーご紹介〜♪

            IMG_0811 2.jpg
            大学時代のダンスサークル JADEで一緒だったみどりちゃん、
            まさえ(後列真ん中のふたり〜♪)のテーブル
            前列左から、小野フィリップ、秋重さん(ボス〜!)、わたし、松平さん
            後列左から、まさえの彼でプロスケーターのオオヤナオタカさん、まさえ、みどりちゃん、レイさん〜♡
            楽しむことの天才がたくさんのテーブル!
            パーティータイムでは、最高のテンションで、踊ってくださってありがとう〜〜!!
            秋重さん、もはや準レギュラー級のダンサーぶり。
            まさえもいつもセクシーに踊ってくれる〜♪
            みどりちゃんは、時にハッとする、洗練された動きを見せてくれる
            そして…
            IMG_0808 2.jpg
            なんと、この2人は、まさに奇遇なご縁でショーにいらしてくださいました。
            左のみどりちゃんは、デバダシスタジオで私のクラスにいらして
            くださっています。右の尾内佐千子さんは、美プロフィール撮影会の
            お客様で、平野宏枝ちゃんのお友達。
            なんと、このお二人は、ママ友同士でお友達〜〜〜〜♡
            ご縁て、本当に不思議。
            「初めてベリーダンスを観ました」という佐千子さんとは
            デリケートゾーンケアや、子宮の瞑想についてのお話になり。
            短くもディープな時間になりました。
            My angelic goddesses!!
            IMG_0804 3.jpg
            デバダシスタジオの、ナシャールクラスに通ってくれている
            生徒さんダンサーのみんな^^
            左から、シャリマー、えりこさん、私、あずまさん、レオナちゃん
            楽しそうに、ノリノリに、パーティータイムで踊ってくれて
            すごーくうれしかった♡
            しかも、おめでたい報告までしてもらって、
            超HAPPYな夜になりました〜〜〜!!
            ( レオナちゃん、おめでとう〜〜〜)
            そして、Nashaal土曜日クラスの Tahiraが
            夫君といらしてくれて、これまた嬉しかった!!
            9月も、楽しんでレストランショーしていきたいと思います^^
            みなさまお楽しみに♡

             

             

             

            JUGEMテーマ:ベリーダンス

            ☆レストランショー後記☆ | permalink | - | -

            踊るということ

            0
              『 踊るということ 』

              私は私に、正直でありたいと願う
               
              踊る時、すべてを脱ぎ捨てて


              自分のハートむき出しを、
              ありのままを、


              踊れるダンサーでありたい
               
              時に
              もろく崩れてしまいそうな自分すら


              臆せず
              前に出せる表現者でありたい
               
              ダンサーだから
              表現者だから
               
              時に、真逆のような
              振り子の世界を
              行ったりきたり 
               
              でもそれをぜんぶ受け止めて
              踊りに託したいと
              思うのです

              ー 今朝リハーサルしながら浮かんだ言葉
              Photo by Macoto Fukuda 
              Venue : AILARA 
              2018. 5.24.

               

              私の人生 | permalink | - | -

              【お仕事で出動!】明治記念館にて、240名様の某法人さまパーティーに出演してきます

              0

                デバダシ・ベリーダンサー6名でお仕事の出動〜!

                本日、このメンバーで、明治記念館にて、某法人様の240人のパーティーで踊らせていただきます!!!
                37037395_10213763394532301_8788566766331625472_n.jpg
                Today is .. Dance performance work for with 5 Devadasi dancers for 240 special audiences in Japanese Traditional Banquet House in Tokyo!! Will perform with our divine feminine shine through!!
                 
                主催者さまも、ハートの温かい素敵な方々ばかりで。
                4回の綿密な打ち合わせ、2回の会場ロケハンをしながら
                本日を迎えました。
                 
                打ち合わせが進むにつれて、
                「華やかに盛り上げてください」というオーダーから、
                「女性性を慈しむダンスとしてのベリーダンスを!!」
                と言っていただけてとてもとてもうれしかったです
                 
                打ち合わせのお食事会では
                古代史における女性の活躍についてお話したり
                37043771_10213763394932311_3151962716260794368_n.jpg
                 
                オーディエンスには男性が多い今回のお仕事。
                ベリーダンスという、ノンバーバルで
                生命のサイクルを祝福するダンスを通じて
                みなさまが、そして世の中の景色が
                きらめき、温かいヴァイブレーションで満たされますように
                37030152_10213763395652329_2435497867037638656_n.jpg

                ダンサーのみんなとは、大笑いしながら
                楽しくリハーサルを重ね、迎えた本日。

                 

                Many gratitude for Mishaal Mahari for supporting me and giving advises for this work 
                慈しみあふれるアドバイスをくれて、デバダシでの出動をサポートしてくれた師のミシャールに感謝を!

                相談に乗ってくれて、サポートしてくれたこの場にいないYaliel Yin ありがとう!!!!一緒に踊りたかったよ〜〜
                 
                土曜レッスンのみなさん、今日はごめんなさい
                代講のJJさんとの時間を楽しんでね〜〜
                 
                今日のショーでは、
                ひとりひとり、立ってるだけで美しい
                自慢のデバダシシスターズたちと〜〜〜

                 
                美しいエネルギーの柱を立ててきます!!!!
                Let's rock the house~~~~~~

                37111434_10213763394852309_8492417428263796736_n.jpg

                JUGEMテーマ:ベリーダンス

                ★出演情報★ | permalink | - | -

                11年ぶりに来日! ・ヨガのロックスターことKrishna Dasのワークショップに参加して

                0
                  愛する師匠Mishaalに誘ってもらい

                  「ヨガのロックスター」Kurishna Das(クリシュナ・ダス) の

                  ワークショップに行ってきました。

                   

                  しかもなんとグラミー賞にもノミネートされたこともある

                  クリシュナ・ダス。

                   

                  IMG_0323.JPG

                   

                  「歌うヨガ」キルタンの帝王と呼ばれ

                  世界中にキルタンを広めた先駆者であるそうです。

                  (すばらしいプロフィールの詳細は

                   このブログの末尾に^^)

                   

                  ワークショップは、14時から18時という

                  なんとも長い時間だったのですが、

                  あっという間でした。

                   

                  わたし、、キルタンって、なんというかいままで

                  あまりしっくり来なかったんですね。。。

                   

                  好きなキルタンシンガーの人の曲もあるのですが

                  なんというか、瞑想のプラクティスとかダンスに比べて、

                  楽しみを見い出せないことのほうが多かったんです。

                  ちょっと宗教がかった感じもするな〜とか、ね ^ ^;

                   

                  でも!!!!!

                   

                  Krisha Dasのワークショップに行って

                  自分の中にあったそういうしっくりこない感じが

                  一掃されました!

                   

                  「ああ、そういうことか!!」って思えました。

                   

                  クリシュナ・ダス、すごい!!!!!

                  やばいです。。

                   

                  まず、深く低い歌声がすばらしい。
                  深い温かい、慈愛のような、
                  どっしりとした、でも穏やで、安心感を与える、男性性のエネルギー

                  IMG_0324.JPG

                  そして、さらに感銘を受けたのが
                  クリシュナ・ダスのレクチャーでした。
                   
                  冒頭から
                  「となえてるマントラの意味なんて、
                   ほんとうはなんだかわかんないんだよね」
                   
                  と、爆弾発言!!!!!!!
                    
                  なんと、、、
                  そこから、ジョークあり、笑いありの
                  楽しいお話の時間。
                   
                  50年間、ヨガとキルタンを通して
                  スピリチュアル・プラクティスをしているKDの

                  言葉は、深く心にしみわたるものばかり。

                   

                  心から感動してしまいました。

                   
                   
                  わたしたちの True Nature (本来のあるべき姿) ために
                  どうあればいいか、と。
                   
                  そのための、スピリチュアル・プラクティスであるということ。
                   
                  practice プラクティス、の意味。
                  スピリチュアル・プラクティスとは一体何か。
                   
                  「今ここ - be in the moment 」を生きること。
                   
                  そしてキルタンは、
                  何度も、なんどもシンプルなことを
                  繰り返すことで
                  脳に新しい、神経回路を作っていく
                  作業でもあるそうです
                   
                  その繰り返しの、連鎖の渦の中に集中していくと
                  研ぎ澄まされてた感覚というか
                  瞑想状態になっていき
                  自分の True Natureを近づいていく
                  時間ができる、と。
                   
                  その研ぎ澄まされた時間が増えていくことで
                  心の中のオリや、日々のさまつな
                  いろんなことから解き放されることができると。
                   
                  感情や、思考の、「とらわれ」のほうから
                  解放されていく時間が増える、と。
                   
                  …ここまで聞いて、
                  「ああ、この考え方はデバダシでの、ダンスのレッスンに似ているなぁ」とも
                  感じました。
                  キルタンでは、マントラをとなえますが
                  デバダシのセークレッド・アース・ベリーダンスでは
                  神聖幾何学を、身体でなぞっていきます…
                   
                  IMG_0334.JPG
                  そしてさらにKDの話は続きます
                   
                  わたしたちの日常生活は
                  まるで毎日自分で
                  映画を自作しているかのよう、と。
                   
                  毎朝起きて
                  映画の制作してしているようなもの、
                  その映画の脚本とは
                  自分のまわりの人に
                  「あの人は、こういう人だから」と
                  自分がおもうその人の性格を役柄としてあてはめ、
                  「あの人は、こう思っているにちがいない」と
                  セリフを作ります、で、あーだこーだと、頭の中で考える
                   
                  そしてその映画を、作ってその中で生きて
                  たいそうなことに、その映画に批評までしてしまう、と。
                   
                  「でもね」とクリシュナ・ダスはお茶目に笑いながら
                   
                  「すっごく美味しいフルーツを頬張ったときに、
                   これはなんで美味しいのかとか、頭で思考しないでしょ?」
                   
                  と。
                   
                  この言葉がでたときに、
                  それはそれは
                  深く深く
                  うなずいてしまいました。
                   
                  ダンスの豊かさは
                  その瞬間の踊る自分を
                  自己批評することではなく。
                   
                  とびきり美味しい桃をあじわって
                  「美味しいっ♡」ってあ味わい切ること
                  なんです。
                   
                  「いまここ」の瞬間を踊ること
                  そのために音楽と繋がること
                  その気持を新たにし
                   
                  デバダシスタジオに居ること
                  ダンスを教えるというお仕事をいただいていること
                  それに改めて感謝でした
                   
                  そしてダンス以外の自分の日常についても
                  祝福をもらった感じがしました
                   
                   
                  KDの姿から大きなインスピレーションをもらった一日
                   
                  ものごとを「説明」するのではなく
                  「本質」を、ただたんたんと、語っていく姿。
                   
                  IMG_0340.JPG
                  71歳なのに、若々しく、お茶目で、セクシーですらあるKD。
                  しかも、話が、ユーモアたっぷりで
                  いっぱい笑わせてくれて!
                   
                  神妙な気持ちにならずに
                  リラックスがいっぱいでした。
                   
                  クリシュナ・ダスの音楽を買おう!!と
                  さっそくWEBサイトを調べしらべ。。どれにしようかな…♪
                   
                  そして今回は、MIshaalと、
                  Mishaalの友人であり世界中でミスティカルダンスとヨガを教えている
                  Monika Nataraji にご招待いただいて。
                   
                  世界の女性たちに人生を教えている二人と
                  週末を一緒に過ごせたことも、とてもとてもスペシャルで
                  胸いっぱいでした。
                   
                  I'm so blessed and grateful for two amazing goddess gurus
                  for taking me.
                  IMG_0327.JPG
                  感謝と、
                  もっともっともっと、勉強がしたいっていう
                  気持ちになりました!!!!!!!
                  IMG_0343 2.JPG
                  ====
                  キルタンについて、そしてクリシュナ・ダス紹介
                  ( 今回、11年目の来日を主催・招聘の実現をされたYOGA SPOTさんのHPより)

                  クリシュナ・ダスのキルタンに参加したことなくしてキルタンは語れないと言ってもいいほど過言ではない位、近代のヨガコミュニティーのみならず世界中にキルタンを広めた先駆者でありキルタン界の大御所、グラミー賞にノミネートされたクリシュナ・ダスのキルタン


                  キルタンとはインドの伝統から伝わる、音楽に合わせ神々の名前を唱えるスピリチュアルなプラクティスです。マントラ・チャンティングやキルタンは古代から練習されており、その神々の名前こそが私たちの本質、真我だと考えられています。神聖な名前をチャンティング(唱える)する事で騒がしいマインドは鎮まり、ハートが開きます。

                  世界的なキルタンのマスターであるクリシュナ・ダスがコール&レスポンス形式でヨガ音楽、本場のキルタンをガイドします。キルタンを歌うと、絶え間ない思考は休まり、心はおのずと花のように開きます。それは花に集まるミツバチが甘露を味わう様な優しい体験。心のおもむくままのやり方で参加してください 〜 歌ったり、踊ったり、バクティ(信愛)の心地よいバイブレーションの中で静かに目を閉じて座っていたり、瞑想したり。たとえ声を発していなくても、あなたを通して歌っているその存在を感じてください。輝きにあふれ、大地に根ざした力を持つ音のバイブレーションが、あなたの心を開き、信愛で満たします。

                  ======
                  Krishna Das クリシュナ・ダス  プロフィール
                  KrishnaDas_DJPierce_2 2.jpg

                  Krishna Das クリシュナ・ダス

                  インドの伝統的なキルタンをモダンなインストゥルメンタル、そして掴みやすいメロディーに合わせ歌い始めたクリシュナ・ダスは、ヨガのロックスターと呼ばれ直ぐさまにその名は世界中に広がった。

                   

                  西洋のチャンティング・アーティストの中でも未だかつてない多くのヒット曲を生み出している。2012年に発売された “Live Anada” は、グラミー賞、ベスト・ニューエージ部門のノミネート作品でもある。彼のソールフルな声は人々の心に響きわたり世界中の多くのファンのハートを掴み、キルタンをコンサートホールで開催するようになった。

                   

                  ラム・ダスの生徒であったクリシュナダスは60年代後半アメリカ中を旅して過ごし、その後1970年8月ついにインドに行きラムダスのグルNKB(マハラジと呼ばれている)と出会うことになる。ニーム・カロリ・ババに出会いクリシュナ・ダスと名付けられ、信愛のヨガ、ハートのヨガであるバクティヨガの練習としてマントラ・チャンティングを始めた。

                   

                  インドのマハラジの元で2年半過ごした後、アメリカに帰国し、6ヶ月後にマハラジの死去の連絡を受けた。その悲しみを音楽に向け、バクティヨガの練習を通し平静さと強さを取り戻した。バクティヨガの練習以外にも、レイ・チャールズ、ヴァン・モリソン、スティーリーダン、ブルース・スプリングスティーンなどにもインスピレーションを受け、力をもらい、彼らをヒーローと呼んでいる。

                  そして、1994年からNYのヨガスタジオでチャンティングを始め、増え続けるヨガオーディエンスに伴ってKDは世界中の人々と共にに歌うようになった


                  クリシュナ・ダスは、カリフォルニアのワールドミュージックのレーベル、Triloka Music の共同創設者でもあり、キルタン・アーティストのジャイ・ウタールを始めジャズ・ミュージシャンのジャッキー・マックレーン等のアーティストのアルバムをリリースしている。


                  2013年にはグラミー賞のステージでキルタンを演奏し、その歌声は世界中の数百万人の人々に配信された。クリシュナ・ダスのストーリーをドキュメントした映画 “One Track Heart - Story of Krishna Das” は映画賞を受賞し、100以上の都市と10カ国以上で上映され、世界中でDVD発売されている。


                  2017年10月には15枚目のアルバムとなる Trust In The Heart をリリースした。この作品ではキルタンのルーツに戻り古代のインドの寺院で歌われていたマントラをアメリカン・ロックとインドの古典音楽からインスピレーションを受けたメロディーで歌っている。


                  『チャンティングは、ただただハートに響きわたり、その一部になりたいんだよ。それだけの目的で歌っているんだ。マントラをチャンティング(唱える、歌う)すると全てを切り裂き、火が灯るんだ。意味なんて分からなくても良いんだよ』 クリシュナ・ダス

                  =====

                  JUGEMテーマ:マインドフルネス

                  ☆イベント後記☆ | permalink | - | -