Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 時を経てのご縁 |新宿&代々木エリアの トルコ料理&スリランカ・カレーレストラン「ドリエント」 | main | 【お仕事で出動!】明治記念館にて、240名様の某法人さまパーティーに出演してきます >>

11年ぶりに来日! ・ヨガのロックスターことKrishna Dasのワークショップに参加して

0
    愛する師匠Mishaalに誘ってもらい

    「ヨガのロックスター」Kurishna Das(クリシュナ・ダス) の

    ワークショップに行ってきました。

     

    しかもなんとグラミー賞にもノミネートされたこともある

    クリシュナ・ダス。

     

    IMG_0323.JPG

     

    「歌うヨガ」キルタンの帝王と呼ばれ

    世界中にキルタンを広めた先駆者であるそうです。

    (すばらしいプロフィールの詳細は

     このブログの末尾に^^)

     

    ワークショップは、14時から18時という

    なんとも長い時間だったのですが、

    あっという間でした。

     

    わたし、、キルタンって、なんというかいままで

    あまりしっくり来なかったんですね。。。

     

    好きなキルタンシンガーの人の曲もあるのですが

    なんというか、瞑想のプラクティスとかダンスに比べて、

    楽しみを見い出せないことのほうが多かったんです。

    ちょっと宗教がかった感じもするな〜とか、ね ^ ^;

     

    でも!!!!!

     

    Krisha Dasのワークショップに行って

    自分の中にあったそういうしっくりこない感じが

    一掃されました!

     

    「ああ、そういうことか!!」って思えました。

     

    クリシュナ・ダス、すごい!!!!!

    やばいです。。

     

    まず、深く低い歌声がすばらしい。
    深い温かい、慈愛のような、
    どっしりとした、でも穏やで、安心感を与える、男性性のエネルギー

    IMG_0324.JPG

    そして、さらに感銘を受けたのが
    クリシュナ・ダスのレクチャーでした。
     
    冒頭から
    「となえてるマントラの意味なんて、
     ほんとうはなんだかわかんないんだよね」
     
    と、爆弾発言!!!!!!!
      
    なんと、、、
    そこから、ジョークあり、笑いありの
    楽しいお話の時間。
     
    50年間、ヨガとキルタンを通して
    スピリチュアル・プラクティスをしているKDの

    言葉は、深く心にしみわたるものばかり。

     

    心から感動してしまいました。

     
     
    わたしたちの True Nature (本来のあるべき姿) ために
    どうあればいいか、と。
     
    そのための、スピリチュアル・プラクティスであるということ。
     
    practice プラクティス、の意味。
    スピリチュアル・プラクティスとは一体何か。
     
    「今ここ - be in the moment 」を生きること。
     
    そしてキルタンは、
    何度も、なんどもシンプルなことを
    繰り返すことで
    脳に新しい、神経回路を作っていく
    作業でもあるそうです
     
    その繰り返しの、連鎖の渦の中に集中していくと
    研ぎ澄まされてた感覚というか
    瞑想状態になっていき
    自分の True Natureを近づいていく
    時間ができる、と。
     
    その研ぎ澄まされた時間が増えていくことで
    心の中のオリや、日々のさまつな
    いろんなことから解き放されることができると。
     
    感情や、思考の、「とらわれ」のほうから
    解放されていく時間が増える、と。
     
    …ここまで聞いて、
    「ああ、この考え方はデバダシでの、ダンスのレッスンに似ているなぁ」とも
    感じました。
    キルタンでは、マントラをとなえますが
    デバダシのセークレッド・アース・ベリーダンスでは
    神聖幾何学を、身体でなぞっていきます…
     
    IMG_0334.JPG
    そしてさらにKDの話は続きます
     
    わたしたちの日常生活は
    まるで毎日自分で
    映画を自作しているかのよう、と。
     
    毎朝起きて
    映画の制作してしているようなもの、
    その映画の脚本とは
    自分のまわりの人に
    「あの人は、こういう人だから」と
    自分がおもうその人の性格を役柄としてあてはめ、
    「あの人は、こう思っているにちがいない」と
    セリフを作ります、で、あーだこーだと、頭の中で考える
     
    そしてその映画を、作ってその中で生きて
    たいそうなことに、その映画に批評までしてしまう、と。
     
    「でもね」とクリシュナ・ダスはお茶目に笑いながら
     
    「すっごく美味しいフルーツを頬張ったときに、
     これはなんで美味しいのかとか、頭で思考しないでしょ?」
     
    と。
     
    この言葉がでたときに、
    それはそれは
    深く深く
    うなずいてしまいました。
     
    ダンスの豊かさは
    その瞬間の踊る自分を
    自己批評することではなく。
     
    とびきり美味しい桃をあじわって
    「美味しいっ♡」ってあ味わい切ること
    なんです。
     
    「いまここ」の瞬間を踊ること
    そのために音楽と繋がること
    その気持を新たにし
     
    デバダシスタジオに居ること
    ダンスを教えるというお仕事をいただいていること
    それに改めて感謝でした
     
    そしてダンス以外の自分の日常についても
    祝福をもらった感じがしました
     
     
    KDの姿から大きなインスピレーションをもらった一日
     
    ものごとを「説明」するのではなく
    「本質」を、ただたんたんと、語っていく姿。
     
    IMG_0340.JPG
    71歳なのに、若々しく、お茶目で、セクシーですらあるKD。
    しかも、話が、ユーモアたっぷりで
    いっぱい笑わせてくれて!
     
    神妙な気持ちにならずに
    リラックスがいっぱいでした。
     
    クリシュナ・ダスの音楽を買おう!!と
    さっそくWEBサイトを調べしらべ。。どれにしようかな…♪
     
    そして今回は、MIshaalと、
    Mishaalの友人であり世界中でミスティカルダンスとヨガを教えている
    Monika Nataraji にご招待いただいて。
     
    世界の女性たちに人生を教えている二人と
    週末を一緒に過ごせたことも、とてもとてもスペシャルで
    胸いっぱいでした。
     
    I'm so blessed and grateful for two amazing goddess gurus
    for taking me.
    IMG_0327.JPG
    感謝と、
    もっともっともっと、勉強がしたいっていう
    気持ちになりました!!!!!!!
    IMG_0343 2.JPG
    ====
    キルタンについて、そしてクリシュナ・ダス紹介
    ( 今回、11年目の来日を主催・招聘の実現をされたYOGA SPOTさんのHPより)

    クリシュナ・ダスのキルタンに参加したことなくしてキルタンは語れないと言ってもいいほど過言ではない位、近代のヨガコミュニティーのみならず世界中にキルタンを広めた先駆者でありキルタン界の大御所、グラミー賞にノミネートされたクリシュナ・ダスのキルタン


    キルタンとはインドの伝統から伝わる、音楽に合わせ神々の名前を唱えるスピリチュアルなプラクティスです。マントラ・チャンティングやキルタンは古代から練習されており、その神々の名前こそが私たちの本質、真我だと考えられています。神聖な名前をチャンティング(唱える)する事で騒がしいマインドは鎮まり、ハートが開きます。

    世界的なキルタンのマスターであるクリシュナ・ダスがコール&レスポンス形式でヨガ音楽、本場のキルタンをガイドします。キルタンを歌うと、絶え間ない思考は休まり、心はおのずと花のように開きます。それは花に集まるミツバチが甘露を味わう様な優しい体験。心のおもむくままのやり方で参加してください 〜 歌ったり、踊ったり、バクティ(信愛)の心地よいバイブレーションの中で静かに目を閉じて座っていたり、瞑想したり。たとえ声を発していなくても、あなたを通して歌っているその存在を感じてください。輝きにあふれ、大地に根ざした力を持つ音のバイブレーションが、あなたの心を開き、信愛で満たします。

    ======
    Krishna Das クリシュナ・ダス  プロフィール
    KrishnaDas_DJPierce_2 2.jpg

    Krishna Das クリシュナ・ダス

    インドの伝統的なキルタンをモダンなインストゥルメンタル、そして掴みやすいメロディーに合わせ歌い始めたクリシュナ・ダスは、ヨガのロックスターと呼ばれ直ぐさまにその名は世界中に広がった。

     

    西洋のチャンティング・アーティストの中でも未だかつてない多くのヒット曲を生み出している。2012年に発売された “Live Anada” は、グラミー賞、ベスト・ニューエージ部門のノミネート作品でもある。彼のソールフルな声は人々の心に響きわたり世界中の多くのファンのハートを掴み、キルタンをコンサートホールで開催するようになった。

     

    ラム・ダスの生徒であったクリシュナダスは60年代後半アメリカ中を旅して過ごし、その後1970年8月ついにインドに行きラムダスのグルNKB(マハラジと呼ばれている)と出会うことになる。ニーム・カロリ・ババに出会いクリシュナ・ダスと名付けられ、信愛のヨガ、ハートのヨガであるバクティヨガの練習としてマントラ・チャンティングを始めた。

     

    インドのマハラジの元で2年半過ごした後、アメリカに帰国し、6ヶ月後にマハラジの死去の連絡を受けた。その悲しみを音楽に向け、バクティヨガの練習を通し平静さと強さを取り戻した。バクティヨガの練習以外にも、レイ・チャールズ、ヴァン・モリソン、スティーリーダン、ブルース・スプリングスティーンなどにもインスピレーションを受け、力をもらい、彼らをヒーローと呼んでいる。

    そして、1994年からNYのヨガスタジオでチャンティングを始め、増え続けるヨガオーディエンスに伴ってKDは世界中の人々と共にに歌うようになった


    クリシュナ・ダスは、カリフォルニアのワールドミュージックのレーベル、Triloka Music の共同創設者でもあり、キルタン・アーティストのジャイ・ウタールを始めジャズ・ミュージシャンのジャッキー・マックレーン等のアーティストのアルバムをリリースしている。


    2013年にはグラミー賞のステージでキルタンを演奏し、その歌声は世界中の数百万人の人々に配信された。クリシュナ・ダスのストーリーをドキュメントした映画 “One Track Heart - Story of Krishna Das” は映画賞を受賞し、100以上の都市と10カ国以上で上映され、世界中でDVD発売されている。


    2017年10月には15枚目のアルバムとなる Trust In The Heart をリリースした。この作品ではキルタンのルーツに戻り古代のインドの寺院で歌われていたマントラをアメリカン・ロックとインドの古典音楽からインスピレーションを受けたメロディーで歌っている。


    『チャンティングは、ただただハートに響きわたり、その一部になりたいんだよ。それだけの目的で歌っているんだ。マントラをチャンティング(唱える、歌う)すると全てを切り裂き、火が灯るんだ。意味なんて分からなくても良いんだよ』 クリシュナ・ダス

    =====

    JUGEMテーマ:マインドフルネス

    ☆イベント後記☆ | permalink | - | -