Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【トルコ音楽とジプシーについてのお話会を開催】11/27 SUN "Turkish Music & Gypsy Dance " Lecture by Mr.Sekiguchi | main | ジェノーム第5夜ありがとうございました! >>

Princeとスピリチュアリティー | 11/24(木)20時から「プリンスに捧げる夜」@渋谷 公園通りクラシックスにて

0

    続々とご予約ありがとうございます!いよいよ明日11/24(木)!!ジェノーム第5夜  今年57歳の若さで亡くなった、プリンス・トリビュートです。

     

    プリンスの印象… セクシーで官能的、スキャンダラスな歌詞やフレーズ、というのがほとんどだと思います。ほんとうに扇情的なほどセクシー。でも、実は、歌詞だったり、アルバムやライブの中の詩には、ても普遍的で、宇宙や生命の神秘について語っているものが多いのです。

     

    明日のプリンスのトリビュートでは、そうしたプリンスの音楽にこめられた普遍的なメッセージをもとに、GENOMEの Ayuoが書き起こした詩を、ロックのフレーズや、神秘的でアンビエントな音楽に合わせてお届けします。 Ayuoさんの書く詩には、聞く人に、なにか深遠な、普遍的な生命との繋がりを思い起こさせるようなマジックがあります。

     

    プリンスの天才的な音楽の才能と、官能的なフレーズはすごくマッチしていて。そしてとてもフェミニンな、印象があり。若き日にストリートダンスを踊っていた頃の私に多大な影響をもらいました。

     

     

    明日は、お天気も寒くなりそうで、雪の予報もありますが、ショーは実施の予定です! お席もまだ若干あります。夜には晴れてくれるといいな♪ 

     

    イベント詳細はこちらから!

     

    ジェノーム 第5夜 11/24(木)

    Let's Go Crazy 全曲—May U live 2 see the dawn—

    4月に57歳の若さで急逝した天才・プリンス。彼を若くして亡くしたことの音楽界における衝撃は大きい。常にセンセーショナル、刺激的なエンターテイメントを繰り広げながら、本質的なメッセージを伝え続けたプリンスへの2013年からなくなるまで直前までのサイケデリックバンド・アレンジ・ヴァージョンによるトリビュート。Princeに捧げる歌と踊りのサイケデリック・ナイト。

     

    ■出演

    Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス

    立岩潤三: ドラム・パーカッション

    瀬尾真喜子:ピアノ、キーボード

    守屋拓之: ベース

    Nashaal: ダンス

     

    コーラス参加

    みず橋こと美、緒方ハンナ

    朗読

    森下朝子

     

    ■料金(予約制)

    予約:¥ 3,300(ドリンク別)

    当日:¥ 3,800(ドリンク別)

     

    ■場所

    公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン) 

    http://k-classics.net/

    〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5

    東京山手教会B1F  

    ※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)

    渋谷駅より徒歩5分

     

    ■ご予約方法

    ご予約は予約フォームからお願いいたします

    https://ws.formzu.net/dist/S82991361/

     

    ■イベントページ

    https://www.facebook.com/events/1847336758812697/

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    Genome 出演メンバー

    プロフィール

     

    Ayuo 作曲家・作詞家・ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者。

    十代の前半からデヴィッド・ボウイ、ルー・リード、ピーター・ガブリエルの影響でニューヨークで文学、哲学と音楽の総合作品を作り出す。18枚のCDを日米で1984年から現在まで発売。Ayuoは自分の思想を言葉や詩にして、台本を書き、それを歌、朗読、楽器演奏と動きで演奏するパフォーマー。神話、昔話しから近年の文学からも題材にして作品を作り続けている。

    中世の吟遊詩人の音楽に強い影響を受け、古代音楽にみられる世界の繋がりを独自のサウンドで創作しつづけている。近年の作品ではデュラスやウインターソンの文学作品に基づく音楽劇やルーミ等の古代思想、世阿弥等の言葉に基づく作品を発表している。ジャンルとしては、ニュー・クラシックスからサイケデリックやワールド・ミュージックまで含む。/近年ではダンスと演劇的な要素を混ぜた音楽劇や室内楽の作品を発表している。2016年は渋谷の公園通りクラシックスとラスト・ワルツでシアター・ロックのバンド、ジェノームとソロで活動中。

    Ayuoブログ:https://ayuoworldmusic.wordpress.com/

    Ayuoのyoutube チャンネル:https://www.youtube.com/user/NovaCarmina

     

    立岩潤三(ドラム/パーカッション)

    ドラムを坂田稔に、ダルブカをスス・パンパニン/セルダール・バグティルに、タブラ・バヤを吉見征樹/プラフーラ・アタリーに、フレームドラムをグレン・ベレスに、トンバクをファルボード・ヤードッラーヒに師事。こういった中近東〜インドを主とした各種打楽器で実際にその国の古典音楽やフォークロアを演奏すると共に、その楽器の可能性を探りつつポップス、ロック、ジャズや古楽等幅広いジャンルで国内外を問わず演奏、また各種ダンスや舞踊、ライブペイントとのコラボレ−ション等を行う。アメリカやヨーロッパ、トルコ等で人気の高いサイケデリック・アシッド・フォークのバンド「GHOST」に2002年より参加、同年アメリカツアー、2007年にイギリス〜ヨーロッパツアー、2009年に全米ツアーを行う。エスニックMixtureユニット「Makyo」ではポルトガル最大規模の野外フェスティバル“BoomFestival 2010”でのトリの演奏をつとめる。2014年には4人のインド古典舞踊家のための委嘱作品「Catur Bhamini」を作曲し好評を博す。近年ではこれらのスキルを活かした中近東/インド向けシンセサイザーのデモの作曲/データ制作、またiOSAppsの音楽制作なども行う。http://tateiwajunzo.wix.com/tateiwajunzo 

     

    守屋拓之:ベース

    中、高校時代にギター、エレキベース、コントラバスを弾きはじめる。その後、ベースを中心に様々なグループで活動し、「Tsuki No Wa」にて3枚のCDを発表。

    サイケデリックロックバンド「Ghost」ではCD作品の他、アメリカ、ヨーロッパ各地のライブツアーを行う。その他様々な音楽でのライブ、録音に参加。

     

    瀬尾真喜子:ピアノ、キーボード

    桐朋学園大学卒業後パリ留学。クロード・カーン・ヨーロピアンコンクール、イタリア・イブラ国際音楽コンクール入賞。帰国後、リサイタル、オーケストラとの協演、室内楽、トークコンサートなど、幅広く演奏活動を続けている。

    ホームページhttp://maki-p.com/

     

    Nashaal (ナシャール/ダンサー)

    幼少より、新体操、ジャズダンス、ドリルチーム(米国)等のダンスを学ぶ。大学時代には、EXILEの岩田剛典や、NYのオフブロードウェイSTOMPのレギュラーを11年つとめるYako Miyamotoを輩出した、慶応Dancing Crew JADEに在籍。大学時代より、TV番組のアフターパーティーに出演、1000人規模の公演のプロデュースをしながら、PRINCE、AEROSMITHやGUNS 'N ROSES ロックミュージックで振付&作品発表を意欲的に行う。大学卒業後は、ストリート・ダンス・ユニット KEPHI(ケフィ)にて活動。TRFのSAMのダンス番組 'RAVE2001(テレビ東京)'出演をはじめ、ダンスブームの火付け役となったイベント Smokin' Garage (川崎クラブチッタ)、マクドナルドダンスコンテストなどに出場、ファイナリストとしてトップダンサー達としのぎをけずる。

    コンテンポラリー・ダンスを笠井瑞丈に師事、フラ・ダンスをSandyに学んだ後、2006年にベリーダンスの師Mishaalと出逢う。ベリーダンスの持つ、古来より大地豊穣・生命の賛美を祝う要素や、女性性の神秘、シャーマニックな側面に強く惹かれ、Mishaalの主催するDevadasi Stduioに学ぶ。神宮前Devadasiスタジオ本校講師、Devadasiスタジオ葉山校主宰。

    WEBサイト http://nashaal.net/

    ★出演情報★ | permalink | - | -