Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東京モードに戻ってきた!長くも楽しい日曜日 | main | 木曜日のこと、葉山な時間、私に心の栄養を与えてくれるたいせつな人たちのこと >>

Joeのこと、ミシャールが日本のトライバルシーンに残した功績

0
    日記としても投稿しましたが、この週末は、デバダシスタジオの先輩であり、
    日本のトライバル・フュージョン界を牽引してきたJoeに
    インタビューしました。


    Joeは、現在ではイベントやショーのオーガナイザーとして
    海外からのダンサーを招聘して大活躍しています。
    トライバルを始めとするフュージョンのダンサーでもあり、
    たくさんの生徒さんに慕われている先生でもあります。
    10代はフィリピン(お母様がフィリピン出身)で芸能人として活躍。
    たくさんのバックダンサーを従えてテレビ番組で踊っていたとか。

    そんな彼女がベリーダンスに出会ったの番組アメリカでしたが、
    本格的なトライバルのトレーニングを始めたのは
    東京でミシャールに出会った時から。

    Joeいわく
    「ミシャールは、日本でまだ誰もトライバルの事を知らない時代に、
    トライバルのコミュニティを作った偉大な存在。
    そして、海外からアーティストを招聘する仕事はミシャールがパイオニア。
    ミシャールがいなかったら、日本のベリーダンス界は、
    ここまで進化しなかったと思う」
    とのこと。

    様々に取材させていただくと、まったくそうだと思うし、
    トライバルのみに関わらず、ベリーダンサーたち、そして
    ダンサーであるかないかに関わらず多くの女性を目覚めさせた存在なのだと
    思います。


    今は活動の領域が異なるJoeですが、デバダシの事はホームだと思ってくれているみたい、なんだか嬉しい。

    昨日、大阪在住のあるダンサーさんから「ミシャールに今まで会ったことは
    ないのですが、そろそろ会いたくなりました。
    次のリトリートはいつですか?」と連絡を貰いました。

    ほんと、待ち遠しいですよね。
    まだ正式なりお知らせはされていませんが、
    来年も素敵なリトリートが待ってますよ♪


    -Meeting and interning Joe this Sunday was very filling.

    #tokyo #bellydance #tribalfusion #devadasistudiotokyo #ベリーダンス #トライバルフュージョン #先駆者 #sisterhood
    ベリーダンサー交友録 | permalink | - | -