Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リトリート6日目 金曜日 | main | 本日の夜明け、リトリートの余韻 >>

ミシャールのリトリート7日目 時間の感覚が変わっていく

0
    リトリートも残すところあと2日。
    この頃になると、時間の感覚がだんだんなくなってくるような
    不思議な感じになります。
    ひたすら静かで、穏やかで。
    参加者のみんなとの絆がひしひしと感じられ
    なんとも不思議なゾーンの中で過ごす感じ。


    夜型の私が、今回のリトリートはなぜか毎朝、日の出にパッチリと目が覚め。
    毎朝1時間半の瞑想をしています。

    今日も瞑想。


    朝の光が美しすぎて、また今日も見とれてしまいます。









    瞑想していると、1時間とか1時間半があっという間に過ぎます。
    そしてすごく楽しい。

    瞑想って、なんというか、普通に、趣味のひとつに出来るくらい楽しい。
    …と思えるようになったのは、
    バリ島のミシャールのリトリートに来てから。

    瞑想するからと言って、おごそかな気持ちにならねばいけない訳ではなく
    眠ってしまってもいい、くらいの気持ちで。
    ストレッチ感覚のような。
    そう、心のストレッチでしょうか。








    今日のクラスの様子








    ミシャールの魔法にかかったかのような時間。
    でも、これは現実で、一人ひとりのダンサーが、
    くっきりと、輪郭を持って、輝いていて。


    その人の持つ本質が輝く時間。









    リトリートでは、タマネギの皮が一枚いちまいとはがれて行くように
    なんだか、みんなの層がはがれていって
    真ん中の、輝く光が見える感じ。

    夜ご飯。




    ご飯の後の、夜。


    この後は、ミストサウナと、女神のプールへ。
    その内容の詳細はここにはちょっと書けません。
    リトリートに来た人だけのお楽しみ。

    極上の夜でした。
    ★体験記更新中♪ Mishaal バリ島リトリート | permalink | - | -