Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019年 年末ショー「ミスティック・イーゲプタ」Mishaalみずから作ってくれたスライドショー

0

    ✨Mishaalによるセレクト&編集・ショーのハイライト写真で作った

           師の愛のこもったスライドショー✨
     〜神秘なる古代エジプトへのファンタジー 〜


      ショー「ミスティック・イーゲプタ」 2019年12月より


    コロナ禍、withコロナ時代、

    さまざまな呼び方がありますが、みなさんいかがお過ごしですか?
     
    わたしの師のMishaal Mahari が、
    愛情いっぱい、
    生徒たちのために
    昨年のショーのハイライト写真から
    スライドショーを作ってくれました。
     
    よろしければ、ぜひお楽しみください♪
     
     
    昨年、半年かけて
    スタジオ全体で
    心をひとつにして作ったショー。
     
    テーマは、神秘なる古代エジプトへの
    ファンタジー
     
    現代に生きるわたしたちが、ふと眠りに落ち、
     目が覚めたら…そこは古代エジプトであった
     
     そこは、
     夢の中で魔法のような美しい世界で
     姉妹愛と癒やしのバイブレーションに
     満ちていた』
      
    そして、
     
    「ゼプ・テピ」と呼ばれる
    神々が、人々と共に

    地上を歩いていたという
    神話の時代を
    インスピレーションの源にしています。
        
    ショー当日の楽曲は、
    アラブ音楽家であり、考古学者でもある

    アリ・ジハット・レイシーが、
    実際の、古代エジプトの書物をひもとき、
    古代エジプトで使われていた
    楽器を再現して作り、
    書き起こした楽曲を使いました。
     
    楽曲・衣装・アクセサリーなど
    すべてMishaalによるディレクション。
     
    ショーの様子を、感じていただけたら
    嬉しいです。 
     
    コロナによる
    非日常と、新しい日々が
    始まっていますが
     
    みなさんが、ご自身の内なる美しさを讃え
    毎日を進めていく時間を
    持っていただけたらと思い
    シェアさせていただきます。
     

     
    このショーを共に作りあげた、ダンサーのみなさん、
    デバダシスタジオのインストラクトレス・シスターたち
    Madhurima Mamiko,Mari MalikaMari Mediha,

     Mehtap Miki InoueYaliel YinYukta Yuka清野 ゆん (Yun Yumi Seino)


    そして、わたしの踊りと人生の師であるMishaal へ
    いつも、見守ってくださる GoRoさんへ
    愛をこめて。

    All Photo by Toshinobu Hori
    Video Music by Go Motomura

    Sacred Earth Mystical Dance End of Year Celebration 2019
    www.DevadasiStudio.com

    JUGEMテーマ:ベリーダンス

    ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

    内なる光を求めて- わたしたちの、すべてを抱きしめるということ-

    0

      ✨✨内なる光を求めて✨✨
      〜 わたしたちの、すべてを抱きしめるということ〜
      .


      昨日まので週末3日間、ミシャール来日ワークショップ at Devadasi Studio 、

      ありがとうございました。

      .

      どのワークショップも満席、

      そして

      とてもディープで、濃厚な内なる旅でした。

      .
      .
      それぞれのワークショップが、
      ディープなインナージャーニーだったので、
      集合写真は、一切なし。

      .
      .
      それぞれのワークショップが
      とてもとてもパワフルで、
      わたしは通訳やミシャールのお手伝い
      をしながら、
      さまざまな変容を
      目の当たりにしました。

      .
      .
      私たちが日々生きる中で、
      そしてなんらかの表現をする中で、
      私たちは、
      私たちの内なる光を感じる必要があって。
      .
      .
      日常の中で、つい忘れがちな、
      .
      わたしたちの「内なる光」。
      .
      .
      この3日間は、その光を見つけたり、
      見つめたり、感じ合う時間となりました。
      .
      .
      そして、光を探しに行くために、
      時折、自分の中に深く降りていって、
      .
      影の部分を垣間見るプロセスを
      経験しました。
      .
      .
      この、深く潜っていく作業は、
      ひとりだとなかなか難しいのですが、
      .
      ダンスや呼吸を通じ、

      .
      そして、女性同士が輪になって、
      手を取り合うことで、
      .
      力強く、温かく、
      自分の

      内側から感じることができます。
      .
      .

      ワークショップでは、
      ミシャールの素晴らしいガイドのもと、
      呼吸やダンスを使って、

      .
      自分の中の弱さも、強さも、
      はかなさも、パワフルな感覚も、
      すべて、味わう旅のようでした
      .

      .
      そして、女性同士、
      その美しい輝きとパワーを、

      .
      心の底から感じ合うという

      かけがえのない時間でした

      .
      .
      .
      ミシャールは
      「真実から目をそむけないで」
      と語りかけます。
      .

      .
      人生には、辛く、悲しいことや
      痛みを感じること、
      試練、長いトンネルのような時間、
      たくさんある。
      .
      そこからあふれたもの
      自分の気持ちも、ぜんぶ抱きしめて
      自分にYESを言ってあげること。
      .
      時には、闇を抱きしめてあげること。

      .
      .
      なぜならば
      この世にあるものすべて

      .
      闇ですあるから美しさに気づく光があり
      影があるからこそ、すべてのもの輪郭がくっきりとするから。
      .
      .
      内なる光を感じること
      光と影は、表裏一体であり

      .
      それぞれの豊かさを知ることで
      私たちは、さらにその先へと
      進むことができる。
      .
      .
      光と影の、それぞれの
      美しさと強さを知ること

      .
      その豊かさを感じること
      それを表現すること
      -それら含めてアートと呼ぶ-
      .
      .

      10/26(土)には、わたしたちの
      影の部分にフォーカスした
      Dark Cabaret Nightという
      ダンスイベントが、デバダシスタジオで開催されます

      .

      .
      Mishaalは、次回12月に
      また来日して
      ワークショップを行います

      .
      みなさまお楽しみに。

      .
      イベントのお知らせは、デバダシスタジオの
      公式Facebookページからどうぞ
      .
      .
      .

       

      #ベリーダンス #ベリーダンス教室 #ベリーダンスレッスン #表参道 #外苑前 #原宿

      #母なる大地のベリーダンスレッスン #デバダシスタジオ #女性性 #女性性開花 #divinefeminine #女神 #ミシャール #mishaal
      ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

      Meera来日WS&ショー2019 ありがとうございました!

      0
        ミーラが来日してくれて、インスピレーションにあふれた週末となりました!


        ミーラと♪



        GoRoさん、ゲストダンサーのYOSHIEさんと



        ゲストダンサーのFUKAちゃんと、ミーラと、楽屋で。


        今回ミーラと一緒に踊って出演した、ナシャール火曜ビヨンドクラスのダンサーズ。

        みんな素晴らしかった!!!

        I’m soooo proud of you girls!!!


        今回はタヒラと赤ちゃんと、メフタップと一緒に踊りました


        楽しかった!
        素敵だった!
        言葉にならない〜〜!


        イベントを支えてくれた、ゆんちゃん、マリカ、ヤリエルには、深い深い感謝を。

        ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

        11年ぶりに来日! ・ヨガのロックスターことKrishna Dasのワークショップに参加して

        0
          愛する師匠Mishaalに誘ってもらい

          「ヨガのロックスター」Kurishna Das(クリシュナ・ダス) の

          ワークショップに行ってきました。

           

          しかもなんとグラミー賞にもノミネートされたこともある

          クリシュナ・ダス。

           

          IMG_0323.JPG

           

          「歌うヨガ」キルタンの帝王と呼ばれ

          世界中にキルタンを広めた先駆者であるそうです。

          (すばらしいプロフィールの詳細は

           このブログの末尾に^^)

           

          ワークショップは、14時から18時という

          なんとも長い時間だったのですが、

          あっという間でした。

           

          わたし、、キルタンって、なんというかいままで

          あまりしっくり来なかったんですね。。。

           

          好きなキルタンシンガーの人の曲もあるのですが

          なんというか、瞑想のプラクティスとかダンスに比べて、

          楽しみを見い出せないことのほうが多かったんです。

          ちょっと宗教がかった感じもするな〜とか、ね ^ ^;

           

          でも!!!!!

           

          Krisha Dasのワークショップに行って

          自分の中にあったそういうしっくりこない感じが

          一掃されました!

           

          「ああ、そういうことか!!」って思えました。

           

          クリシュナ・ダス、すごい!!!!!

          やばいです。。

           

          まず、深く低い歌声がすばらしい。
          深い温かい、慈愛のような、
          どっしりとした、でも穏やで、安心感を与える、男性性のエネルギー

          IMG_0324.JPG

          そして、さらに感銘を受けたのが
          クリシュナ・ダスのレクチャーでした。
           
          冒頭から
          「となえてるマントラの意味なんて、
           ほんとうはなんだかわかんないんだよね」
           
          と、爆弾発言!!!!!!!
            
          なんと、、、
          そこから、ジョークあり、笑いありの
          楽しいお話の時間。
           
          50年間、ヨガとキルタンを通して
          スピリチュアル・プラクティスをしているKDの

          言葉は、深く心にしみわたるものばかり。

           

          心から感動してしまいました。

           
           
          わたしたちの True Nature (本来のあるべき姿) ために
          どうあればいいか、と。
           
          そのための、スピリチュアル・プラクティスであるということ。
           
          practice プラクティス、の意味。
          スピリチュアル・プラクティスとは一体何か。
           
          「今ここ - be in the moment 」を生きること。
           
          そしてキルタンは、
          何度も、なんどもシンプルなことを
          繰り返すことで
          脳に新しい、神経回路を作っていく
          作業でもあるそうです
           
          その繰り返しの、連鎖の渦の中に集中していくと
          研ぎ澄まされてた感覚というか
          瞑想状態になっていき
          自分の True Natureを近づいていく
          時間ができる、と。
           
          その研ぎ澄まされた時間が増えていくことで
          心の中のオリや、日々のさまつな
          いろんなことから解き放されることができると。
           
          感情や、思考の、「とらわれ」のほうから
          解放されていく時間が増える、と。
           
          …ここまで聞いて、
          「ああ、この考え方はデバダシでの、ダンスのレッスンに似ているなぁ」とも
          感じました。
          キルタンでは、マントラをとなえますが
          デバダシのセークレッド・アース・ベリーダンスでは
          神聖幾何学を、身体でなぞっていきます…
           
          IMG_0334.JPG
          そしてさらにKDの話は続きます
           
          わたしたちの日常生活は
          まるで毎日自分で
          映画を自作しているかのよう、と。
           
          毎朝起きて
          映画の制作してしているようなもの、
          その映画の脚本とは
          自分のまわりの人に
          「あの人は、こういう人だから」と
          自分がおもうその人の性格を役柄としてあてはめ、
          「あの人は、こう思っているにちがいない」と
          セリフを作ります、で、あーだこーだと、頭の中で考える
           
          そしてその映画を、作ってその中で生きて
          たいそうなことに、その映画に批評までしてしまう、と。
           
          「でもね」とクリシュナ・ダスはお茶目に笑いながら
           
          「すっごく美味しいフルーツを頬張ったときに、
           これはなんで美味しいのかとか、頭で思考しないでしょ?」
           
          と。
           
          この言葉がでたときに、
          それはそれは
          深く深く
          うなずいてしまいました。
           
          ダンスの豊かさは
          その瞬間の踊る自分を
          自己批評することではなく。
           
          とびきり美味しい桃をあじわって
          「美味しいっ♡」ってあ味わい切ること
          なんです。
           
          「いまここ」の瞬間を踊ること
          そのために音楽と繋がること
          その気持を新たにし
           
          デバダシスタジオに居ること
          ダンスを教えるというお仕事をいただいていること
          それに改めて感謝でした
           
          そしてダンス以外の自分の日常についても
          祝福をもらった感じがしました
           
           
          KDの姿から大きなインスピレーションをもらった一日
           
          ものごとを「説明」するのではなく
          「本質」を、ただたんたんと、語っていく姿。
           
          IMG_0340.JPG
          71歳なのに、若々しく、お茶目で、セクシーですらあるKD。
          しかも、話が、ユーモアたっぷりで
          いっぱい笑わせてくれて!
           
          神妙な気持ちにならずに
          リラックスがいっぱいでした。
           
          クリシュナ・ダスの音楽を買おう!!と
          さっそくWEBサイトを調べしらべ。。どれにしようかな…♪
           
          そして今回は、MIshaalと、
          Mishaalの友人であり世界中でミスティカルダンスとヨガを教えている
          Monika Nataraji にご招待いただいて。
           
          世界の女性たちに人生を教えている二人と
          週末を一緒に過ごせたことも、とてもとてもスペシャルで
          胸いっぱいでした。
           
          I'm so blessed and grateful for two amazing goddess gurus
          for taking me.
          IMG_0327.JPG
          感謝と、
          もっともっともっと、勉強がしたいっていう
          気持ちになりました!!!!!!!
          IMG_0343 2.JPG
          ====
          キルタンについて、そしてクリシュナ・ダス紹介
          ( 今回、11年目の来日を主催・招聘の実現をされたYOGA SPOTさんのHPより)

          クリシュナ・ダスのキルタンに参加したことなくしてキルタンは語れないと言ってもいいほど過言ではない位、近代のヨガコミュニティーのみならず世界中にキルタンを広めた先駆者でありキルタン界の大御所、グラミー賞にノミネートされたクリシュナ・ダスのキルタン


          キルタンとはインドの伝統から伝わる、音楽に合わせ神々の名前を唱えるスピリチュアルなプラクティスです。マントラ・チャンティングやキルタンは古代から練習されており、その神々の名前こそが私たちの本質、真我だと考えられています。神聖な名前をチャンティング(唱える)する事で騒がしいマインドは鎮まり、ハートが開きます。

          世界的なキルタンのマスターであるクリシュナ・ダスがコール&レスポンス形式でヨガ音楽、本場のキルタンをガイドします。キルタンを歌うと、絶え間ない思考は休まり、心はおのずと花のように開きます。それは花に集まるミツバチが甘露を味わう様な優しい体験。心のおもむくままのやり方で参加してください 〜 歌ったり、踊ったり、バクティ(信愛)の心地よいバイブレーションの中で静かに目を閉じて座っていたり、瞑想したり。たとえ声を発していなくても、あなたを通して歌っているその存在を感じてください。輝きにあふれ、大地に根ざした力を持つ音のバイブレーションが、あなたの心を開き、信愛で満たします。

          ======
          Krishna Das クリシュナ・ダス  プロフィール
          KrishnaDas_DJPierce_2 2.jpg

          Krishna Das クリシュナ・ダス

          インドの伝統的なキルタンをモダンなインストゥルメンタル、そして掴みやすいメロディーに合わせ歌い始めたクリシュナ・ダスは、ヨガのロックスターと呼ばれ直ぐさまにその名は世界中に広がった。

           

          西洋のチャンティング・アーティストの中でも未だかつてない多くのヒット曲を生み出している。2012年に発売された “Live Anada” は、グラミー賞、ベスト・ニューエージ部門のノミネート作品でもある。彼のソールフルな声は人々の心に響きわたり世界中の多くのファンのハートを掴み、キルタンをコンサートホールで開催するようになった。

           

          ラム・ダスの生徒であったクリシュナダスは60年代後半アメリカ中を旅して過ごし、その後1970年8月ついにインドに行きラムダスのグルNKB(マハラジと呼ばれている)と出会うことになる。ニーム・カロリ・ババに出会いクリシュナ・ダスと名付けられ、信愛のヨガ、ハートのヨガであるバクティヨガの練習としてマントラ・チャンティングを始めた。

           

          インドのマハラジの元で2年半過ごした後、アメリカに帰国し、6ヶ月後にマハラジの死去の連絡を受けた。その悲しみを音楽に向け、バクティヨガの練習を通し平静さと強さを取り戻した。バクティヨガの練習以外にも、レイ・チャールズ、ヴァン・モリソン、スティーリーダン、ブルース・スプリングスティーンなどにもインスピレーションを受け、力をもらい、彼らをヒーローと呼んでいる。

          そして、1994年からNYのヨガスタジオでチャンティングを始め、増え続けるヨガオーディエンスに伴ってKDは世界中の人々と共にに歌うようになった


          クリシュナ・ダスは、カリフォルニアのワールドミュージックのレーベル、Triloka Music の共同創設者でもあり、キルタン・アーティストのジャイ・ウタールを始めジャズ・ミュージシャンのジャッキー・マックレーン等のアーティストのアルバムをリリースしている。


          2013年にはグラミー賞のステージでキルタンを演奏し、その歌声は世界中の数百万人の人々に配信された。クリシュナ・ダスのストーリーをドキュメントした映画 “One Track Heart - Story of Krishna Das” は映画賞を受賞し、100以上の都市と10カ国以上で上映され、世界中でDVD発売されている。


          2017年10月には15枚目のアルバムとなる Trust In The Heart をリリースした。この作品ではキルタンのルーツに戻り古代のインドの寺院で歌われていたマントラをアメリカン・ロックとインドの古典音楽からインスピレーションを受けたメロディーで歌っている。


          『チャンティングは、ただただハートに響きわたり、その一部になりたいんだよ。それだけの目的で歌っているんだ。マントラをチャンティング(唱える、歌う)すると全てを切り裂き、火が灯るんだ。意味なんて分からなくても良いんだよ』 クリシュナ・ダス

          =====

          JUGEMテーマ:マインドフルネス

          ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

          終演御礼 3/30 名古屋『リーインカーネーション』ありがとうございました

          0

            終演御礼速報・ありがとうございました

            Brief snap shot from the stage March 30 in Nagoya!
            This Event brought me a lot of inspiration!! Many thanks for all 
             
            「生命科学」「アート」「マインドフルネス」の3つの柱をテーマにした
            『 リーインカーネーション 』
            ー講演と舞踊と和太鼓の夕べー
            3/30(金)名古屋にて、 無事に終演いたしました

            名古屋のみならず、東京、大阪、ほか他県から、
            たくさんの方々にご来場いただきまして、
            ありがとうございました!! 
             
            とても充実した、示唆に富んだイベントでした。
            終演後の、登壇者一同の笑顔に、
            その様子が伝わってきているような気がします
             
            和太鼓 ☓ ダンス の30分の作品 ( 金子竜太郎 さん ☓ Nashaal) で踊っている間、
            太鼓の音と、客席とに繋がれた瞬間に、かけがえのない感覚を覚えました

            講演された方々のお話は、楽屋を抜け出して、客席でこっそりとノートを取り 
            たくさんのインスピレーションをいただきました。

            〜 イベントでの詳しい様子は、また追って、後記としてしてご報告します〜
              まずは、集合写真にて、速報のご挨拶とさせていただきま
             
            まずは感謝を…
             
            主催の Toku Takahashi様、講演にご登壇された大門 正幸 (Ohkado Masayuki)様、
            大下 大圓 (Daien Oshita)様、ありがとうございました!
             
            スピーチをいただいた、長谷川ひろこ監督ありがとうございます。
             
            共演いただいた、金子竜太郎さんには、
            11月からの準備期間を経た本番をご一緒できて、感無量の感謝のきもちでいっぱいです。
             
            そして、今回、急遽名古屋入をしてくれて、
            すばらしい映像を撮ってくだった映像クルーの皆様 Shinya Ishimatsu佐藤 範裕 (Norihiro Sato)、鈴木 かおり ちゃん(Kaori Suzuki) 、熱い撮影をありがとうございました!!

             
            そして、名古屋でたくさんのサポートをしてくださった
            ールマイティー・ステージマネジャー 山田修二さん、照明の井上麗子さん、
            司会の山田尚美さん、みなさんの、情熱あふれたサポートに、なんども心が震えました!!
             
            受付けをしてくださった、岡田智子さん、都一郎さん、よしこさん、
            クリニック徳のみなさま、高橋順子さま、ありがとうございました。
            当日はお話できませんでしたが、みなさんのおかげで、ステージに立たせていただいたと思っております

            まだイベントの余韻の中にいます。
            またご報告します!
            ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

            ヒロコサイグサ作品展 レセプション後記

            0
              三枝ヒロコちゃんの個展のオープニングで踊らせていただきました! Danced for my dear artist friend Hiroko Saigusa!

              ステキな友達もたくさん来賓で来てました。
              ありがとう、ロコちゃん!

              世界で活躍するロコちゃんのパーティーで、お祝いエナジーを添えることができて嬉しい!
              ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

              「アーサナをとりながら涙が出てくるヨガ」Ryoko のチャクラチューニングヨガ

              0
                本日、京都のヨガの先生Ryokoさんによる、ジヴァムクティヨガの
                チャクラチューニング・ヨガWSでした。


                「すべての生き物たちが、自由で幸せでありますように」
                「自分の人生における考え、言葉、行動が、
                その自由と幸せに何からかの形で貢献できますように」
                と言う意味のマントラ

                Lokah Samastah Sukhino Bhavantu
                ローカ サマスター スキノー バヴァントゥ

                これを柱にしているのがジヴァムクティヨガ。


                さらに、

                「現代に生きる私達が、わかりやすく、楽しく、
                 ヨガのゴールに向かっていく」

                「古典的なスタイルを残しつつ、
                 iPhoneやインターネットなど
                 様々なコミュニケーションのある
                 現代を生きる私たちのための
                  ヨガ=調和 のための練習の時間」

                というヨガでもあるとのこと。

                シャロン・ギャノン氏とディビッド・ライフ氏が
                1984年に、NYで立ち上げた世界9代ヨガのひとつです。

                今回講師をしてくれたのは、京都在住のRyokoさん。

                ジヴァムクティヨガの哲学に心打たれてヨガの道に入って以来
                ヨガティーチャー歴10年という豊富な経験をお持ちです。

                Ryokoさんとは、今年になって、ご縁ができました。

                8月のセドナのショーに、京都から駆けつけてくださり。

                ミシャールの今年の10月のバリ島リトリートにも参加されて
                チャクラチューニングヨガクラスをシェアしてくれました。

                - 2015年 ミシャール バリ島リトリート Raw and Wildにて-

                その時のヨガがとても素敵だったこと
                Ryokoさんの生き方やダンスへの気持ちやヨガの考え方が
                デバダシと大きく繋がるところを感じ
                ミシャールのリクエストもあって
                チャクラチューニングヨガ・ワークショップを
                開催することになりました。

                今回の開催は、神宮前のDevadasiスタジオにて。

                ワークショップでは、ジヴァムクティヨガの説明と
                チャクラについての説明、そしてマントラで始まりました。


                チャクラチューニングヨガでは
                私たちに関係する家族、両親、恋人、過去の恋人、
                自分を傷つけた人、または自分が傷つけてしまった人なと
                自分との関係性を浄化することでチャクラを整えていきます。

                そして、太陽礼拝から始まり、第1チャクラから順番にアーサナを取りながら、
                チャクラごとのマントラを声に出して唱え
                アーサナと声によってチャクラの部位に働きかけます。

                「吸ってー、吐いてー」
                りんと響くRyokoさんの声。

                マントラをリードしてもらい、
                声を出しながらアーサナ(ポーズ)することですごく集中できます。


                力強い手で、アーサナを直してもらえるのが
                また気持ちがいい!




                そして、アーサナを取りながら
                たかくさんの大切な人の顔が思い浮かぶヨガでもあります。

                「皆さんの過去の恋人を思い出してみましょう
                 あの頃はうまくいかなくったけれど
                 でも、そのおかげで今の自分は笑っていられます。
                 その相手に、感謝を送りましょう」

                この瞬間、まったく意識していなかつまたのに、
                なぜか、どばーっ…っと、涙が。。。

                ヨガしながら、涙が出てきたのは初めて。
                そしてとても温かい気持ちに。

                同じことは、両親を思い浮かべるシーンでも起こりました。

                こうして、チャクラにたまった感情を解放することで
                エネルギーを整えていきます。

                どんどん身体の中からなにかが変わっていく感覚。
                とても心地が良いです。




                レクチャーが素晴らしいし、
                関係性を通じてチャクラを浄化するというコンセプトが好き。

                参加された他の皆さんの感想も、とてもステキでした。

                「バリ島で受けてとても良かったのでまた受講しました。
                 何度でも受けたいです。」

                「思った以上にパワフルなクラスでした」

                「ワークショップ中に、父や母が出てきて
                 これを続けると父母との関係性が
                 良くなると感じました」

                「マントラをとなえるので、普通のヨガをしている時より集中できました」

                「スタイリッシュなヨガ。NYのセレブに愛されているというのが納得です」

                など、参加者は少なかったですが、満足度が高く、大反響(*^^*)

                私もまた何度でも受けたいです。

                充実の時間のあとの、みんなで記念写真♪




                楽しかった!!!

                アーサナを取りながら涙が出るヨガなんて、ほんとこのヨガが初めて。
                Ryokoさん、ありがとう!


                Ryokoさんが東京にいらっしゃるタイミングでまた開催しますね♪
                興味のある方は、ナシャールまでお声がけください。
                次回をどうぞお楽しみに!
                ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

                新世界「生命の始まり」ありがとうございました!

                0
                  Many thanks for the show last night! 昨晩「生命の始まり」お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

                  終演後のメンバーのこの表情。
                  やり切った!!感じです。

                  私も8曲踊りきりました!ロックンロール・ベリーダンス♪

                  終演後いただいた感想は、さまざま。
                  「不思議な世界観で、やみつきになりそう」
                  「また観たい」
                  「すごく良かった」
                  「来てよかった!いろんな刺激をもらいました」
                  「コンセプトがいい!」

                  などなど。
                  ありがたい(≧∇≦)!!!

                  観てくださった音楽業界の関係者の方にも「とても内容がいい。センスがいい」
                  「他になかなかないショー」
                  とのお言葉を頂きました。

                  嬉しい(≧∇≦)!!!


                  昨年3カ月連続公演ののち、今年メンバーを再構成して
                  ブラッシュアップしながら迎えた今回のショー。
                  実験的なショーですが、Ayuoさんの稀有な才能とセンスの良さ
                  そしてコンセプトの斬新さで
                  とても興味深いショーになったと思います。

                  反省点もたくさんありましたが、とにかく楽しかった!

                  Ayuoさんと組んで4回目、慣れてきたところ、息の合ってきた部分、
                  「あ、うん」の呼吸も生まれてきました。


                  本番にはやはり本番マジックがあって、
                  本番にしか見えない、
                  本番でしか手の届かない領域があって。

                  その本番を重ねていくことで、
                  踊っている間にともる、内なる炎のようなものの
                  力強さが増していく感じがしました。

                  今回はその炎を特に感じました。
                  その炎は、赤くてメラメラする時もあれば、
                  静かに青く、自分の内側にともっている時もある。

                  今回踊った私のダンスから、そんな炎のようなものが
                  もし、観てくれた人に伝わっていたら
                  とても嬉しいです。

                  なにせ8曲踊ったし、曲間もほとんど着替えでフル稼働。
                  密度が濃いです。

                  1回のショーでこれだけ踊らせてもらうのは気がひけるので
                  なんどもAyuoさんに「私の出番減らしましょうよ」と提案するも
                  「いや、踊ってください」と、キッパリ。

                  まるで修業です。
                  でも、生演奏バンドで8曲も踊らせてもらうなんて
                  こんなラッキーなことありませんから、
                  幸運をかみしめての本番。

                  個人的にはとにかくアンコールが楽しかった!!
                  ロバート・プラントで踊っちゃいました。
                  アンコールまでの7曲である程度燃焼していましたが、
                  8曲目で完全燃焼!!


                  観に来て来てくださったみなさま、Facebookやブログで応援してくださったみなさま
                  ありがとうございました!


                  恒例の観に来てくださった方々との記念写真♪

                  デバダシ葉山仲間のアキちゃん☆
                  忙しいなか、駆けつけてくれてありがとー!


                  1社目の会社で一緒だった、ユズこと大熊くん
                  徹夜明けのなか、観に来てくれてありがと!


                  美しいお花とともに当日駆けつけてくれたベリーダンサーのゆりえちゃん
                  いつも、たおやかで優しく、素敵な感想で私を励ましてくれます。


                  大船観音でご一緒した、デバダシダンサーのまみこさんも来てくれたー


                  デバダシナシャールクラスのゆっこちゃん、鈴木麻子ちゃん。
                  「働く女性のかていきょうし」タブタカヒロさん。
                  デバダシダンサーであり、デバダシで「ヒーリングサークル」を
                  主催してくださっているセラピストの國分利江子さん。


                  音楽評論家の関口義人さんと、インド古典舞踊オリッシーの名手・星野あかねさん


                  そして、忙しいなか、スタッフしてくれて、私の精神安定剤になってくれたナシュワ。
                  めっちゃ感謝!!
                  ナシュワの笑顔にすごくパワーもらいました。
                  ありがとう(≧∇≦)!!


                  「新世界」の三木さん、鎌田さん。
                  ムチャぶりいっぱい叶えてくださって感謝!



                  見守ってくださって、応援してくれた、Ayuoさんのお母さんで、私の敬愛する歌子さん。


                  歌子さんと出演者みんなで。


                  メンバーみんなのいいところを引き出し、リードしてくれた
                  Ayuoさんには、ホント感謝です。

                  Ayuoさんと、歌子さんと3人でパチリ。


                  この活動はまた続けて行きたいと思います。

                  ナシャール次のショーは
                  11/21(土) 日暮里 Bar 「ポルト」(日暮里駅徒歩5分)での
                  生演奏トルコ音楽とベリーダンスの夜
                  「この風にベリーダンスを」です。


                  11月21日(土)
                  開場:19:00
                  開演:20:00
                  チャージ:2500円(ドリンク別)
                  ※予約制
                  詳細&ご予約方法はこちら
                  http://nashaal.jugem.jp/?eid=664

                  こちらもぜひいらしてください♪
                  ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

                  夢観音アジアフェスティバル2015ありがとうございました!

                  0


                    I'm still in a zone being blessed at Ofuna Kannon Temple yesterday. I am grateful for having an opportunity to offer our dance at a temple for world peace. My gratitude from my heart to dear dance sister Yasmine



                    昨日の大船観音、夢観音アジアフェスティバルありがとうございました。白衣の女神・大船観音の前で、神聖舞踊としてのベリーダンスを踊るすばらしい機会を頂き、心から感謝です。

                    白衣観音の前で踊るヤスミンは、もう一人の観音様でした。女性性の聖性を、語りかけるように、きらめきの光となって踊っていました。



                    リハーサルから、感動の時間がたくさんだった今回の夢観音アジアフェスティバル。

                    昨日の感動の速報まで。
                    ☆イベント後記☆ | permalink | - | -

                    西直子さんライブ 'JAZZ and DANCE!!' 後記その1 生演奏ジャズで踊らせて貰った至福の時間

                    0

                      photo by Takaaki Ozawa

                      9/6(日)、赤坂にある老舗ジャズライブハウス B♭(ビーフラット)で開催された、
                      西直子さんライブにダンサーとして出演させて頂きました!





                      なんと、昼の部も夜の部も満員御礼!!

                      西直子さんをはじめ、大人気ジャズミュージシャンの皆さんによるライブ。

                      実は、直子さんの息子のハヤトくんが、私も大学時代に所属した
                      慶應Dancing Crew JADEというダンスサークルの卒業生なんです。

                      そのご縁で、お声がけを頂き踊らせて頂きました。

                      ショーは、生演奏ジャズのLIVEとダンス。


                      ダンスのジャンルは、ストリートダンス(HIP HOP, JAZZ, ロックダンス、パンキング)、
                      モダンダンス、ベリーダンス。

                      ストリートダンス組は、5曲くら一同踊ってて、迫力も満点!





                      4年前にも同じショーでのみんなの踊りを見たのですが、
                      メンバー一同さらにパワーアップしてました!

                      みんな35歳だなんて、信じられない〜


                      そしてそして、直子さんの歌が、深みがあって、弾みもあって、カッコいいのです!

                      直子さんの歌う「キャラバン」で踊った時の心地よさったら…
                      も〜とろけました(*^^*)


                      ジャズの名曲「キャラバン」のオリジナル曲は、もともとピッチの速いもの。
                      それを今回は、ベリーダンスに合うようにと、特別に編曲されました。

                      ピアノの外谷東(とや とう)さんが特別に、楽譜を書き下ろしてくださり。


                      キャラバン以外にも、今回のショーでは、ダンスナンバーのために何曲も編曲がされ、バンド側は、数ヶ月かけてリハーサルを繰り返してきたそうです。

                      JAZZとダンスのマリアージュのために作り出された、珠玉の音たち。



                      JAZZには、シックでワインのような官能性があって素敵だと感じました。

                      直子さんの声が、ミュージシャンと会場をひとつにまとめて、素晴らしい空間になっていいて…

                      踊る直前の、安心感と高揚感が、ハンパなかった!

                      そしてそして、デバダシスタジオの講師仲間であり、
                      憧れの先輩ダンサーであるナシュワと初めてDUOを踊れたことが
                      素晴らしい宝物の体験になりました(*^^*)

                      楽屋でナシュワと♪

                      超ご多忙ななか、まる1日おつきあいしてくれて、しかも、めっちゃ私のめんどうをみていただき。
                      (ナシュワの包容力あふれるホスピタリティーについては、こちら)

                      スパニッシュなダンスを披露された瞳子さんとも、楽屋ショット〜


                      ハヤト、たかあき、こまっちゃん、シンくんのJADEメンバーと!

                      もうさ、すんごいキレっきれで、クールで、でも熱くてカッコ良かった!!
                      同じJADEのOGのひとりとして、みんなを誇りに思う!

                      ちなみに、現在では人気ダンスサークルのJADEですが、
                      組織として盤石な団体になるまでにいくつかの過渡期がありました。
                      ハヤトの学年は(部長は播野純平)、江南、テルの学年と並んで
                      JADEを大きくした中興の祖ともいえる学年。

                      さすがデキる人たち。

                      そんなJADEメンバーに加えてダンサーみんなとー☆


                      大好きなエレさんとも再会。
                      エレさんは、私が社会人になってからストリートダンスを踊っていたとき
                      通ってたダンススタジオの憧れの先生☆


                      書き足りない〜♪

                      ミュージシャン&お客様編はまた書きます☆
                      ☆イベント後記☆ | permalink | - | -