Bellydancer Nashaal -ナシャール- 花鳥風月 BLOG

森羅万象と花鳥風月に魅せられたベリーダンサー。空と海と、星と月、歌う鳥たちと、緑と大地。そんなものが大好きです。2013年夏至の日(6月21日)に師のMishaalより名前を授かり、7年間活動して来たBarbara(バーバラ)からNashaal(ナシャール)になりました。過去に起きた出来事も、ちょいちょい更新。デバダシスタジオ神宮前本校講師、デバダシスタジオ葉山校主宰
Barbara became Nashaal on the Summer Solstice 2013.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ジェノーム第5夜ありがとうございました!

0

    昨晩の「ジェノーム第5夜 -プリンスに捧げる夜- 」でした!ご来場いただきました皆様、FBから「いいね」で応援してくださった皆様、ありがとうございました!Many many thanks forGENOME 5th Night - Prince Tribute - on Nov 24th!!! I had fabulous time!

     

    写真家の Macoto Fukudaさんがすばらしいステージフォトを撮ってくださったので、写真とともにご報告させていただきます。

    04_Photo by Macoto Fukuda.jpg
    01Photo by Macoto Fukuda.jpg
    02_Photo by Macoto Fukuda.jpg

    最後の、でかい(笑)

     

    昨晩はいい夜でした。

    プリンスのファンクなナンバーは、官能的でありながら、生命や宇宙の神秘を感じさせる、詩と世界観があります。そしてそのプリンスへ、まるで返歌を送るように、オリジナルの詩や、映像、パフォーマンスを捧げたAyuo Takahashiの作品。

     

    Ayuo作品は、エキゾチックで、ジェノームメンバーにはそのファンが多いのですが、こうしてプリンスを通してAyuoの世界を見ることで、演者として非常に大きな成果がありました。

     

    あとは、シーラ・Eのまねっこして、シンバル蹴ったりとか(笑)

    ドラムス、生まれて初めて打ちましたが、すごく楽しかったです♪

     

    特に第1セットのなかば3曲、Ayuoさんのオリジナルは、メロディーを奏でる 瀬尾真喜子 さんの鍵盤がほんとうにすばらしく。流麗で、温かくて、時に神秘的で。 立岩さん、守屋さんのリズム隊は、伝説のバンド「GOHST」時代を彷彿とさせる、濃厚で緻密で繊細な音の響き。

     

    最後のアンコール曲!! 

     

    やっぱりAyuoさんのオリジナルは踊っていても気持ちいい!!(大好きなプリンスよりも! 笑)。ということで、来年は、Ayuoさんのオリジナル曲をもっとリクエストしていきたいと思います。

     

    なお来年2017年のGENOME ライブ日程は、

    2/23(木)

    4/13(木)

    5/25(木)を予定しております。

    詳細は、GENOME オフィシャルFacebookページ 

    https://www.facebook.com/genometokyo/ にて掲載させていただきます。

     

    ご期待ください!!

    03_Photo by Macoto Fukuda.jpg

     

    ナシャール自身の出演スケジュールは以下の通りです。

     

    12/11(日)デバダシスタジオ 年末ショー 

                       @六本木スーパーデラックス

    12/25(日)ワザオギ (邦楽とベリーダンス)Winter Concert

          @ 横浜・関内

          公式サイト:

          https://www.facebook.com/wazaogui/?fref=ts             

    1/14(土)  レストランショー 

                       @ 恵比寿  

     

    詳細は、ナシャールのOFFICIAL WEBサイトや、Facebookで告知させていただきます。

     

    最後に、昨晩のセットリストを。

    昨晩も、2時間のショーの間に5回着替えて、6回踊ってきました(笑)。チャレンジは続く(^ ^)!!!

    < Set LIst > 2016.11.24.

    第1セット

    1) Let's Go Crazy (vocals, guitar, keyboards, bass, drums)

    2) Wow (vocals, guitar, keyboards, bass, drums)

    3) Eyes and Movements (vocals, guitar, keyboards, bass, drums) by Ayuo

    4) The Warmth of Bodies (voice, guitar, keyboards, cello, drums) by Ayuo

    5) Leave that Place (voice, piano, cello, percussion) by Ayuo

    6)Kiss (vocals,ukulele,keyboards, bass, drums)

    7) SEXY MF - SOUL INTO SOUL (vocals, chorus, guitar, keyboards, bass, drums)

     

    休憩

     

    第2セット

    1) Existence - Coming and Becoming (Ayuo の詩の語り, シンセの電子音とパーカッション)by Ayuo

    2) Come (vocals, chorus, piano, bass, drums)

    3)Ayuo とAsakoの詩の語りー生き物って何?by Ayuo 

    Scandalous  (vocals, chorus、guitar, keyboards, bass, drums) (映画BATMANにプリンスが作曲したエンディングテーマ)

    4) Max (vocals, chorus, keyboards, bass, drums)

    5) Manic Monday (vocals, chorus, guitar、keyboards, bass, drums)

    6) The Cross  (vocals, guitar, piano, bass, drums))

    7) Chaos & Disorder (vocals, guitar, keyboards, bass, drums)

     

    Photos by Macoto Fukuda 

     

     

    JUGEMテーマ:ベリーダンス

    - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -

    【続々とご予約ありがとうございます!】ジェノーム 第3夜は、来週6/30(木)渋谷にて!! まだお席あります♪

    0

      当日が近づき、日々ご予約をいただいております。

      感謝です! !!!

       

      Next Thursday, I will perform at the 3rd night of a theater rock band GENOME in Shibuya Tokyo.

       

      リハーサルも上々の仕上がり!!

      数々の打ち合わせ、新曲の調整も、ととのってきています!

      GENOME.jpg

       

      「ベリーダンスのお稽古すると、音が変わるんです!」と、

      先日、ジェノームのピアノ/キーボードの瀬尾真喜子さんが、

      私のベリーダンスのプライベートレッスンに来てくださり、言ってくれました。

      Nashaal.jpg

       

      クラシック音楽を極めた、ピアニストであるまきこさんが、

      そう言ってくださって、すごく嬉しかった。

       

      そして、瀬尾真喜子さんは、ただピアノを弾くのではなく、

      私のダンスを「感じながら」、いつも演奏してくれている。。それを、心から感じます。

       

      立岩潤三さん。

      中東のパーカッションは日本トップ!

      なぜ私がご一緒できているのか??いまだに謎です。

      伝説のプログレッシブバンド「ゴースト」のドラマー。

      立岩さんが居てくださるから、ベリーダンサーの私は「何があっても大丈夫」と思える守護神。

      そして、ドラムセットの音も、艶があって、サイケで大好き!!

      Junzo Tateiwa GENOME.jpg

       

      伝説のプログレッシブバンド「ゴースト」で、立岩さんと組んでいた

      ベーシストの守屋拓之さん。

      立岩さんと一緒に、数度のアメリカツアーで演奏したメンバーでもあります。

      ふだん、もの静かで、多くを語らない守屋さん、、

      ここぞという時に、深ーいセクシーな音を入れて来て

      ちょっとズルい(笑)

      Takuyuki Moriya GENOME.jpg

       

      そして、天才・奇才、ジェノームのリーダー、Ayuoさん!

      超インテリジェントな、アーティスト

      音楽、芸術、文学、哲学、宗教、心理学に精通し

      膨大なインテリジェンスと「いまを生きる」を音楽やパフォーマンスにしてしまう人。

      しかも、楽譜書くのが、めちゃ速い!!(プロのミュージシャンだから当たり前だけど)

      いろんな知識とか、想いとか、ぜんぶひっくるめて音楽にしちゃうところと

      「本番力」の圧倒的なパワーを感じます。

      Ayuo GENOME.jpg

       

      ジェノームは、音の作り手と、踊り手が、共に心を通わせながら作っていく、

      とても貴重な機会をいただいているバンドです。

       

      そして、このバンドで踊る時、私は、よりシャーマニックなゾーンに入って踊ることができます。

      これは、観に来てくださった事がある方はきっと感じてくださっていると思います。

      このことは、また追って、ブログにつづらせていただきますね。

       

      今回は、今年急逝したプリンスの楽曲もカバー。

      私の青春時代に、たくさんのインスピレーションを与えてくれたプリンス。

      プリンスを追悼し、心を解き放って踊ります。

       

      みなさまのお越しをお待ちしています!!

       

      GENOME(ジェノーム)第 3 夜
      ■日時
      6月30日(木)
      開場 19:00 開演 19:30

       

      ■出演
      Ayuo
      立岩潤三
      瀬尾真喜子
      守屋拓之
      Nashaal


      ■料金(予約制)
      予約:¥ 3,300(ドリンク別)
      当日:¥ 3,800(ドリンク別)

       

      ■場所
      公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン) 
      http://k-classics.net/
      〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
      東京山手教会B1F  
      ※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
      渋谷駅より徒歩5分

       

      ■ご予約方法
      ご予約は予約フォームからお願いいたします
      https://ws.formzu.net/dist/S82991361/

       

       

      ジェノームとは…

      シアター・ロックと、サイケデリック・ロックをベースにしたバンド。

      オリジナル曲では、古代のシャーマンのパフォーマンスや中世ヨーロッパの神秘劇、

      日本の能、中東のスフィーの踊りと音楽、フラの神へ捧ぐ踊りなどの系譜を目指します。

       

      古代から人間が、自分達が生きている事ー そして生命・宇宙は何かと考え、

      それらのヒントを神話や歌や物語から探していくプロジェクト。

      ジェノームとは、そんな音楽とダンスと語りのライブ・パフォーマンスです。

       

      一流のミュージシャンたちによる、珠玉のサウンド。

      音に寄り添いながら、時として音のために伴奏するように舞うダンサーのNashaal 。

      Ayuoは歌いながら、パフォーマーとしてダンスし、語る。踊りや語りが、音楽を立体化させ、輪郭を形作っていく。

       

       

       

      JUGEMテーマ:ベリーダンス

      - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -

      ジェノーム 第1夜 2/25に開催にあたっての、立岩潤三さんからのメッセージとセットリスト

      0
        雨ですね。
        でも雨の中に、春の香り。
         
        ありがたいことに、連日ショーが重なり、
        すっかりご報告の記事が遅れています。

        2/25のジェノーム第1夜にあたり、
        ジェノームにドラムスで参加の立岩潤三さんからの
        メッセージを、FBから拝借してこちらに
        掲載させていただきます。

        ジェノームのサウンドは、とにかく素晴らしいんです。
        でも、音楽好きな人に、どうやってそれを伝えていいのか、
        私にはなかなか難しく。

        立岩さんが書いてくれたメッセージの中に
        「なるほど!」がいっぱい。
        音作りのマイスターたちには、たくさんの繊細で
        重厚な配慮やテクニックに溢れているんですね。。

        踊らせてもらって、本当に光栄です。
        ジェノーム第2夜は、来月4/7(木)渋谷 @ 公園通りクラシックスで
        開催です!

        <<立岩潤三さん、2/24Facebook投稿より>>

        ※文中に出て来るGHOSTとは、立岩潤三さんとジェノームのベースの
        守屋拓之さんが活動していた日本を代表するサイケデリックバンド。
        1985年~2014年活動。シカゴのレーベルに所属し、全米ツアー多数。

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        明日は渋谷公園通りクラシックスにてAyuo さんNashaalさんの
        共同企画による「GENOME」のライブです。

        このユニットでは最近そんなに機会の多くはないドラムセットでの
        サポート。セレクトされる楽曲の雰囲気と、E.Bassがもりやんゆえ、
        GHOSTの頃の空気をついつい思い出します。

        演奏予定楽曲は以下、AYUOさんならではのカラーに満ちてます。
        Dead Can Danceの楽曲も、ここ数年イラン音楽に接してきた結果か
        すごく自分にとっては居心地の良いグルーヴにもなっているし、
        ジェネシスの楽曲の和声の美しさは特筆ものです。

        AYUOさんのオリジナルのEyes and Movementsも
        凛とした美しさを感じるし、AYUOさんアレンジで
        一部Lydian化されたサテイのジュトゥヴも素晴らしいハマりかたを
        しているし、ここにおける自分のドラムのアプローチもとても気に入ってます。

        一部7曲目のNashaalさんとのDuoのシーンは
        ダルブッカ〜ドラムセットでの即興演奏で、
        これも個人的にはこのユニットのシリーズの
        ひとつの目玉になってると思ってます。

        現代においてまず普段まず生演奏で聴く事の出来ない
        レアな楽曲群、お時間のある方は是非足を運んで頂ければと思います。

        1) Creation (イラン神話に基づく)
        2) River of Light
        (『水色の鏡』(A Turquoise Mirror)という室内楽の曲としても知られています。)
        3) Cantara (イランの伝統的なリズムに基づくDead Can Danceのバンド作品)
        4) はじめに言葉があった
        5) Standing At The Edge
        (ユーゴの歌手ヤドランカさんはこの曲を"Standing In A Cloud"
         というタイトルでレコーディングしています。)
        6) Evolution (進化)(MIDIのCD『Earth Guitar』より)
        7) ナシャールと立岩 デュオ
        8) A Stranger (TzadikのCD『AOI』より)
        ---------------------------------------------------------
        1) Je Te Veux (Erik Satieの曲のバンド・アレンジ・ヴァージョン)
        2) I Cry In My Heart
         (ドビュッシーの歌曲『 Il pleure dans mon coeur』の
           メロディーに基づくバンドのAyuoの作品)
        3) Rootless (ルーツを持っていない人々)
         (移民として生きる事、社会のアウトサイダーになってしまう事を歌うAyuoの作品)
        4) Eyes and Movements 
        (ハワイ神話『女神ペレ』からペレの妹ヒイアカとロヒアウのことを歌うAyuoの作品)
        5) Pele Volcano song (Ka Hinano O Puna)
        (女神ペレを祭る火山のパワーについて歌う古典フラのチャントを
          バンド・アレンジ・ヴァージョンで。)
        6) The Lamia
         (カール・ユングの夢日記で描かれたキャラクターを
         歌うピーター・ガブリエルとジェネシスの作品)
        ==========

        4/7(木)にむけて、新披露の曲の準備も始まっています!
        セットリストが決まったらまたこちらでお知らせしますね。

        がんばるぞっ!
        JUGEMテーマ:ベリーダンス
        - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -

        ジェノームのリハーサルで、いつも感じること

        0


          なんと贅沢な時間なんでしょう。

          本気プロによる、音楽リハ。

          それぞれの楽器の素敵な音が、豊かに感じられる時間。









          それぞれの音が、
          美しい輪郭をたもちながら、

          溶け合う美しさ。

          楽器によって、
          音はまったく違うのに。

          同じ曲の楽譜は、
          こんなにも違うのに。

          ピアノの楽譜


          ベースの楽譜


          ドラムスの楽譜


          そして、ギター&ボーカルのAyuoさんはというと…



          なんと、楽譜ではなく、歌詞だけ。
          さすがです(*^^*)

          リハーサルでいつも思うことなのですが、

          音楽という芸術は、
          その瞬間瞬間を美しくきざむものであり、

          一瞬の中に、身も心も、ゆだねることができる、
          Be in a momentの最たる姿。

          音楽があることで「場」ができる。

          それは、物理的な場所であり、
          エナジーフィールドであり

          心踊る「場」。

          そこがダンスフロアになる。

          この世界の
          地球という場所で、

          大気があって、音が美しく響き
          それを奏でる人たちがいて、

          その音が大気を震わせて鼓膜に届き
          ダンサーが踊る。
          踊りがある。

          「いまここ」に生きている
          生身の人間が、音をつまびく。

          そんなことが、
          ライブの生音(なまおと)で、 行う事ができて。

          そして、共に踊ることを許され、
          歓迎されるということ。

          ダンサーとして、至福の時間です。

          私が身体でそう感じれることに、
          きっと、ひとつの指標があると思っています。

          なぜなら、このメンバーは、

          お互いの気配を背中で感じながら、
          同じ音楽に共存できるから。

          楽譜を見て演奏するバンドやアンサンブルは
          いろいろありますが、

          楽譜に集中しているだけの音楽家の場合、
          全体の音のハーモニーが、
          成り立たないんです。

          音、テンポは完璧に合っていたとしても、
          楽器どうしの音が、
          なにか他人行儀になってしまう。

          ジェノームのミュージシャンのみんなは
          プロ中のプロで、センスが良い。

          お互いの音の寄り添い感がハンパない。
          もちろん、それぞれの楽器の音や旋律は、珠玉の美しさ。

          出演者は以下の通りです。


          Ayuo 
          作曲家・作詞家・ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者。
          十代の前半からデヴィッド・ボウイ、ルー・リード、
          ピーター・ガブリエルの影響でニューヨークで文学、
          哲学と音楽の総合作品を作り出す。
          18枚のCDを日米で1984年から現在まで発売。
          近年ではダンスと演劇的な要素を混ぜた音楽劇や
          室内楽の作品を発表している。
          2016年は渋谷の公園通りクラシックスと
          ラスト・ワルツでシアター・ロックのバンド、
          ジェノームとソロで活動中。
          https://ayuoworldmusic.wordpress.com/


          伝説のバンド「ゴースト」のドラマーをつとめ、
          中東のパーカッションでは
          日本一の呼び声も高い、立岩潤三さん。

          立岩潤三
          パーカッション、ドラムス
          中東のダルブカ、インドのタブラ、
          各種フレームドラム等、中近東〜インドの
          打楽器で実際にその国の古典音楽/トラッドを
          演奏すると共に、その 可能性を探るべくロック、
          ポップス、ジャズ、古楽、各種ダンスや舞踊、
          ライブペイントとのコラボレ−ション等、
          幅広いジャンルへのアプローチを行っている。
          またRCM、舞踊公演、iOSアプリ等の
          作曲/編曲・楽曲提供も行う。
          http://tateiwajunzo.wix.com/tateiwajunzo


          「ゴースト」でベーシストをつとめ、
          アジアツアーでも活躍した守屋拓行さん
           
          守屋拓之
          ベース
          中、高校時代にギター、エレキベースをはじめ、
          後に知人から譲り受けたコントラバスを弾きはじめる。
          その後、多種の音楽に興味を持ち、
          セネガルのサバール、韓国のサムルノリの
          パーカッション、チェロを始める。
          ベースを中心に多くのバンドや民族音楽、
          現代音楽等でのライブ、録音に参加。


          留学先のフランスでコンクールで入賞し
          活躍した、クラシックのピアニスト、
          瀬尾真喜子さん。
          ジェノームでは、キーボードで参加。

          瀬尾真喜子
          ピアノ、キーボード
          桐朋学園大学卒業後パリ留学。
          クロード・カーン・ヨーロピアンコンクール、
          イタリア・イブラ国際音楽コンクール入賞。
          帰国後、リサイタル、オーケストラとの協演、
          室内楽、トークコンサートなど、幅広く
          演奏活動を続けている。
          http://maki-p.com/



          そして、デバダシスタジオから、Nashaal
          Nashaal(ナシャール):ダンス
          幼少より様々なダンス経験を経た後、
          古来より大地豊穣・生命の賛美を祝う
          ベリーダンスに魅了され、Mishaalに師事。
          トルコ、アメリカ、師Mishaalの住むバリに
          定期的に赴き学びを深めている。
          神宮前Devadasiスタジオ講師、
          Devadasiスタジオ葉山校代表講師。
          都内有名中東レストランでのレギュラー出演、
          海外アーティスト来日公演の出演、中東音楽を始め、
          雅楽、クラシック、ロックなどミュージシャンとの
          コラボや作品発表を行っている。
          http://nashaal.jugem.jp/

          Photo by HORI

          輝かしいキャリアのみなさんとご一緒
          させていただいて光栄です。

          「ダンスがあってこそ、バントとして完成する」と
          言ってくれるみなさんがいるので、
          今年もチャレンジしたいと思います。




          ジェノーム、ぜひいらしてください!

          詳細はこちら↓から

          http://nashaal.jugem.jp/?eid=706

          JUGEMテーマ:ベリーダンス
           
          - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -

          2/25(木)渋谷 「ジェノーム」第1夜 で踊ります! / 生演奏ライブとダンス、音楽劇。

          0
            2年前から活動していた、Ayuo & Nashaalのプロジェクトが、
            バンド「ジェノーム」として2016年から活動を
            正式にスタートさせます!

            2年間の中で、共に試行錯誤をしてきた、
            瀬尾真喜子、立岩潤三、守屋拓之 もメンバーとなり
            総勢5人。

            今年は2ヶ月に1回のライブ活動を展開します。
            2/25はその第1夜です。


            趣旨:
            エンターテイメントではなく、見る人を
            内面的な世界に引っ張っていくような体験。
            古代のシャーマンのパフォーマンスや
            中世ヨーロッパの神秘劇、日本の能、
            中東のスフィーの踊りと音楽、
            フラの神へ捧ぐ踊りなどの系譜を目指します。

            古代から人間が、自分達が生きている事ー そして
            生命・宇宙は何かと考え、それらのヒントを
            神話や歌や物語から探していく。
            音楽とダンスと語りのライブ・パフォーマンス。

            2014年11月 渋谷ラストワルツにて
            Dance: Ayuo, Nashaal
            Piano: 瀬尾真喜子

            4〜5時間のリハーサルを、
            3回〜4回かけて本番にのぞみます。
            私は、ちなみに、7曲〜8曲出演。
            なかなかのボリュームです。
            こんなにたくさん踊るショーは他にはありません( ^ ^)

            しかも、衣装をたくさん着替えます、たぶん5~6回。
            毎回チャレンジがたくさんで、学びも濃いです。
            過去に観にいらした方の感想も、なかなか濃い!
            またあらためてご紹介します。

            ぜひいらしてください!

            ■日時
            2月25日(木)
            開場 18:30 開演 19:30

            ■出演
            Ayuo
            立岩潤三
            瀬尾真喜子
            守屋拓之
            Nashaal

            ■料金(予約制)
            予約:¥ 3,300(ドリンク別)
            当日:¥ 3,800(ドリンク別)

            ■場所
            公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
            http://k-classics.net/
            〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
            東京山手教会B1F
            ※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
            渋谷駅より徒歩5分

            ■ご予約方法
            ご予約は予約フォームからお願いいたします
            https://ws.formzu.net/dist/S82991361/ 
            JUGEMテーマ:ベリーダンス
            - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -

            -ジェノーム ( GENOME) - 始動: バンド活動を開始します

            0
              ブログでご報告&お知らせしたいことが
              山ほとあるのですが、
              その中でも、ひとつお知らせを。

              一昨年の秋から、
              不定期で実験的に続けてきた
              高橋鮎夫さんとのプロジェクトが
              正式にバンド活動としてスタートする
              ことになりました。

              2015.11.07. 六本木「新世界」にて  
              Ayuo and Nashaal presents『生命の始まり』
               
              来年から活動する
              バンド名(活動名)は
              ジェノーム( GENOME)。

              私は、楽器ではなく、ダンスで参加する
              バンドメンバーです。
              ダンスで主旋律を踊ったり
              ダンスで伴奏したり。

              ジェノームとしての活動第1回目は
              2016年2月25日(木)のライブを予定しています。

              詳細は追ってまた!
              JUGEMテーマ:ベリーダンス
              - ジェノーム ( GENOME ) - | permalink | - | -